薬学部情報 医薬系学部・学科情報 薬学部入試情報

 ・薬学部とは
 ・各大学の入試日程(推薦)
 ・各大学の入試日程(一般)

 ・国立大学法人の薬学部にリンク
 ・東日本の薬学部にリンク
 ・首都圏の薬学部にリンク
 ・中日本の薬学部にリンク
 ・近畿圏の薬学部にリンク
 ・西日本の薬学部にリンク

 ・薬剤師国家試験とは
 ・薬剤師国家試験の結果
 ・大学院進学と海外留学

 ・薬学部出身者の主な進路
 ・就職指導スケジュール
 ・就職指導・キャリアセンター取材













 薬学部とは

薬学・大学を選択する

 薬学部はすでに6年制第二期生まで社会に巣立ちました。薬学6年制は、薬剤師としての職能教育を充実させるもの。充実した実務実習を病院や保険薬局で行って実践的な知識をもつ薬剤師として巣立っていきました。
 6年制薬学科は、コア・カリキュラムをベースにしているので、学ぶ内容は同じ。「資格さえ取得できれば、どの大学に進学しても大差ない」と考える人が多いようです。
 それでも学費が違い、薬剤師国家試験の合格率が異なります。また就職率や就職先も大学によって違うのです。
 各大学が、6年間の教育でどのような教育的工夫をして、優秀な薬剤師を育てようとしているのでしょうか。各大学の実績を多方面からみつめ、大学選びに役立ててはいかがでしょう。

 ここでの紹介は、2013年6月末発行の「薬系進学」をベースにしたものです。例えば上の「薬学部アンケート」で教育や国家試験に対する取り組み、就職実績などから大学による違いを見てください。大学選びの参考になればと思います。

薬学部(薬学科)の使命

6年制の薬学科
 薬学部が養成する人材は薬剤師という医療人。6年制薬学科は臨床実習を重視し、より患者さんに近い医療人としての教育が展開されています。
 薬剤師とはどんな職業でしょう。
 薬剤師法は「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする」と規定しています。
 具体的には、病院薬局や保険薬局での調剤業務、製薬企業での医薬品の研究・開発・製造、販売、行政分野、検査機関などで働く資格職です。中でも「医療用医薬品」や「指定された一般用医薬品(第1類医薬品)」は、薬剤師でなければ調剤・販売ができません。ネット販売が可能になっていますが、一般用医薬品(第1類医薬品)は薬剤師の服薬指導が求められています。
 最も重要なことは「薬剤師の使命は、患者さんを薬害から守ること。そして情報提供などを通して治療に貢献すること」です。薬学部は、そんな医療人を育成する学部なのです。


調剤実習
(撮影協力:昭和大学)

昭和大学病院薬剤部
 薬学部と病院が隣接する薬学部は私立大学では珍しい存在です。昭和大学以外では、北里大学、帝京大学、福岡大学があるのみです。近い将来に岩手医科大学病院が薬学部と同じキャンパスに移転の予定です。
 臨床現場を肌で感じるだけでなく、臨床で行われていることがそのまま教育に反映される環境は魅力でしょう。

4年制薬科学科

 薬学部が担ってきた創薬や衛生薬学などの教育は4年制の薬科学科に引き継がれました。4年制学科を卒業後、大学院で研究力を養って研究職、アカデミア(研究者)の道をめざすことができます。
 薬剤師国家資格の受験資格が変更され、6年制薬学科の卒業生に受験資格が与えられます。経過措置として、大学院修士課程(薬学)を修了した者については個別審査のうえ薬剤師国家試験を認められます。
 大学院修士課程(薬学)を修了の学生を対象に、薬剤師国家試験に挑戦する課程を設定する大学もあります。一般的には2年課程です。


 東京理科大学は、私立薬学部の創薬研究でトップを走っています。同じキャンパスに理工学部や基礎工学部があり、恵まれた研究環境があるのが特長です。
 

 

個人情報保護原則 会社概要 編集部にMail
Copyright© 2007 yakkei.com. All Rights Reserved.