薬学部情報 医薬系学部・学科情報 薬学部入試情報

 ・薬学部とは
 ・各大学の入試日程(推薦)
 ・各大学の入試日程(一般)

 ・国立大学法人の薬学部にリンク
 ・東日本の薬学部にリンク
 ・首都圏の薬学部にリンク
 ・中日本の薬学部にリンク
 ・近畿圏の薬学部にリンク
 ・西日本の薬学部にリンク

 ・薬剤師国家試験とは
 ・薬剤師国家試験の結果
 ・大学院進学と海外留学

 ・薬学部出身者の主な進路
 ・就職指導スケジュール
 ・就職指導・キャリアセンター取材












 薬学の分野

薬学分野の特徴

病気治療や生活に用いる「薬(くすり)」の総合学
 薬学は、病気の治療や予防に使われる医薬品をはじめ「薬(くすり)」を総合的に研究する学問です。
 医薬品を中心に、健康維持や栄養補助に用いる薬剤や食品、そのほか、家庭生活で用いる薬剤や化学物質、たとえば、洗濯や清掃に用いる家庭用洗剤、消毒剤、殺虫剤、殺菌剤など研究対象となります。

薬学は大きく分けて2つの研究領域

 「基礎薬学」
 化学物質の「薬効」や「毒性」の化学的な分析を基礎に、薬の効き目や副作用など、人体への影響を検証します。身体への負担が小さく、効果の高い薬を研究・開発することが目的です。
「医療薬学」
 薬を正しく使うことを目的とする領域です。医療現場で医師をサポートし、薬の調合や投薬、患者の健康管理、医薬品の管理といったテーマを扱います。

化学を土台に薬の基本性質と機能を総合的に学ぶ

 薬学の学問な基礎は、「化学」です。有機化学系の科目、さらに生理学、生化学、微生物学などの生物系の科目を学んで、人間の身体のしくみを学びます。入学当初から「薬剤師」「研究者」のコースに分かれる大学でも「基礎薬学」の段階ではほぼ共通。薬学と医学の基本となる部分を学びます。
 「薬剤師」のコースでは、医薬品が人体に及ぼす作用(吸収、代謝の課程)を理解し、治療のための医薬品の処方術を修得します。
 「研究者」のコースでは、薬品となる物質を分子のレベルで分析し、構造や機能を理解します。薬品の合成方法や生産工程を学びます。

医療現場で拡大する「薬の専門家」の役割
 薬学教育が大きく改革された理由の一つは、医薬の研究開発が進んで専門性が高くなったことです。
 また薬剤師が医療チームの一員になり、薬の効果や副作用といった薬学の専門知識によって医師をサポートする"薬のエキスパート"へのニーズが高まっているのです。
 病院実習が従来の4週間から24週間に延長されたのもそのため。現役の薬剤師の業務を体験し、医療現場の実態を理解することが目的といえます。

個人情報保護原則 会社概要 編集部にMail
Copyright© 2007 yakkei.com. All Rights Reserved.