薬学部情報 医薬系学部・学科情報 薬学部入試情報
薬学部のキャンパス
北陸大学薬用植物園
帝京大学校舎
昭和大学薬学部 チーム医療教育
昭和薬科大学
岩手医科大学実習施設
昭和大学実習施設
摂南大学実習施設
東邦大学実習施設
富山大学実習施設
兵庫医療大学実習施設

昭和大学薬学部 チーム医療教育


昭和大学の薬学教育はチーム医療が前提
 学部連携のPBLチュートリアル教育。昭和大学が行う4学部(医学部・歯学部・薬学部・医療衛生学部)連携のグループ学習だ。その目的は、学生参加型のチーム医療教育の実現にある。医療現場での実践的な問題が薬剤師国家試験に出題され、実務実習の成果が問われるようにもなった。実践教育といえば昭和大学が思い出される。その教育について中尾さんと山下さんに学生側の評価を聞いた。

昭和大学のチーム医療教育
山下●医療に関する教育は1年の初年次体験学習から始まります。複数の病院や介護施設を見学して、4学部の学生がディスカッションします。患者シナリオにしたがったディスカッションをしますが(PBLチュートリアル)、各専門職に何ができるかを考えさせられる取り組みになりました。

中尾●初めて臨床に触れるのが2年生です。外来診療の医師の後ろで見学して、医師や看護師、薬剤師の業務を見学します。看護師の1日について回る見学では、看護師の仕事の大変さも実感しました。

山下●2年次から始まる薬と疾病チュートリアル(PBL)もおもしろい取り組みだと思います。6人くらいのグループに分かれ、同じ患者さんの検査値データなどを使った症例検討をします。
 症例についてディスカッションして発表するのですが、グループにより同じ検査データなのに異なる治療法の提案が出てくるのは驚きです。

中尾●3年次の調剤・患者対応入門も昭和大学オリジナルだと思います。模擬カルテをもとに薬を考え、服薬指導までの流れをシミュレートします。その上で行うのが4年次の模擬患者を相手にした服薬指導です。
 これはいい経験になりました。ボランティアの患者さんを相手に服薬指導します。がんの告知を受けていない患者さんに、どのように説明したらいいか考えたり、言葉遣いに気をつけたり実践的な演習でした。

山下●5年次は、コア・カリキュラムに従った実務実習ですが、実習の内容は昭和大学のオリジナルです。
 例えば、病院実習はまず薬剤部での調剤実習を3週間行います。引き続き4週間の病棟実習です。次の4週間は、別の病棟で実習を経験します。そして保険薬局での実務実習を11週間行うのです。
 さらに1週間の4学部合同病棟実習があります。一人の患者さんの治療をチームで担当します。実際の患者さんを相手に、薬剤師に何ができるか、何をすべきかを考える実習でした。

中尾●私も5年次の患者さんを担当する学部連携病棟実習で、薬剤師は薬物治療に関する豊かな知識が必要だと感じました。

山下●5年次まででチーム医療に関する教育は十分だと思います。しかし昭和大学では6年次にもアドバンストチーム医療実習が用意されています。
 4学部の希望する学生が病院実習と地域医療(在宅医療)を経験する実習です。この実習は、一人の薬剤師としてチーム医療の現場に参加します。薬剤師として治療方針の提案にも介入する実践的な内容です。

寮生活はやらないともったいない。絶対に楽しい1年間になります。
中尾●正直、最初は「全寮制か! 嫌だな」と思いました。多くの学生が感じると思います。

山下●女子の方が、寮生活に対して不安をもつと思います。一緒に生活できるか心配もあるでしょう。でも入学式の後、バスで寮に向かいます。同じ部屋の人と協力して荷物の整理をしていたら、すぐに仲良くなっていました。寮は、男女とも2棟づつあります。内部は廊下を挟んで勉強の部屋と寝室が分かれた構造です。各階にラウンジがあり階ごとの仲間もできます。試験前になると医学部の学生が医療分野を教えてくれたり、薬学部生が集まって教えあったりという集まりも生まれます。

中尾●全寮制というと厳しい規則をイメージするでしょうね。でも食堂が開いている時間帯であれば、いつ食事をしても構いません。朝には「朝だよ?。ご飯に行くよ?」と声をかけるようになり、ゾロゾロと食堂に向かいます。実家に帰りたければ、キャンパスから新宿までバスが出ていますからいつでも帰ることができます。規則とは無縁な、自由な環境ですね。

山下●毎週実家に帰る人がいましたね。私は楽しいのでほとんど帰りませんでした(笑い)。富士吉田は「吉田うどん」が名物。案内マップを頼りにまわった吉田うどん巡りも楽しかったですよ。

中尾●24時間、友達と一緒にいられる楽しさは忘れられません。6月の寮祭やクリスマスパーティ、充実した部活。学部を超えた仲間ができたのも嬉しいことでした。

山下●最後の頃には、1年じゃ物足りない。もっと寮生活がしたいとほぼ全員が思ったのではないでしょうか。最初は嫌だといっていた学生も、凄く楽しかったといいます。

中尾●1年間は充実していました。寮生活はやらないともったいない。絶対に楽しい1年間になると思います。


個人情報保護原則 会社概要 編集部にMail
Copyright© 2007 yakkei.com. All Rights Reserved.