薬学部情報 医薬系学部・学科情報 薬学部入試情報
先輩(薬学生)紹介
京都大学 森本 涼太さん
京都大学 田村 美帆さん
慶應義塾大学 桑名 君果さん
昭和大学病院 船越 晴喜さん
昭和大学病院 柏渕 弓佳さん
千葉大学 菊谷 芽久美さん
大阪大学 山田 凌也さん
大阪大学 天白 衛さん

志望理由を教えてください。

 私の両親は薬局を経営していました。患者さんのろれつが回らないとの訴えに「今すぐに病院に行ってください」と受診勧告。「数時間後だったら命が危なかった」と患者さんに感謝されました。
 何度も人を助ける場面を見て、私も薬剤師なりたいと薬学部を目指しました。


実際に学んでみてどうですか。

 昭和大学は、医療系の総合大学。様々な学部の人と交流できるのが魅力です。中でも学生寮のルームメイトは、かけがえのない友達になりました。他学部の学生には、試験の前にいつも助けられました。今でもルームメイトが集まれば情報交換。夜遅くまで話し込むこともしばしばです。
 医学部など専門分野の先生方から学ぶ授業があり、また病院薬剤部の薬剤師さんから話を聞く機会もあります。薬学を学ぶには最適な教育環境です。


卒業研究の内容を教えてください。

 CYP3A4を介したサプリメントと医薬品の相互作用の研究です。この研究は大学院進学後も続けています。CYP3A4を阻害する可能性がある物資を確認でき、8月にはヒトで試験を行う予定です。


希望進路を教えてください。

 昭和大学病院のレジデントは、1年間で3つの病棟を経験するなど他ではできない勉強ができます。これは大きな魅力です。私は、ジェネラリストとしての知識・技能をもった薬剤師を目指してレジデントになりました。将来は、急性期の患者さんの治療に貢献したい、また専門薬剤師の資格も目指したいと頑張っています。


個人情報保護原則 会社概要 編集部にMail
Copyright© 2007 yakkei.com. All Rights Reserved.