薬学部情報 医薬系学部・学科情報 薬学部入試情報
就職指導・キャリアセンター取材
明治薬科大学
学生支援部 キャリア支援課
(2014年取材)
摂南大学薬学部
就職部枚方分室
(2013年取材)
大阪薬科大学
キャリアサポート課
(2011年取材)


大阪薬科大学 キャリアサポート課


自己紹介をお願いします
 キャリアサポート課長の錦野です。これまで外資製薬企業の人事部門で採用担当を17年間担当。また人材開発部門では最新のリーダーシップやコーチング理論を修得しました。
 かねてから私のキャリアが学生のキャリアデザインに生かすことができればと考えていました。2009年12月にチャンスをいただきキャリアサポート課に着任しました。キャリアサポートは人の将来にかかわる重要な仕事ですから、一人ひとりの学生の期待に応えるため努力してまいります。

モットーを教えてください
 元気・本気・根気の3つの気を大切にしています。キャリアサポート課に行けば「元気」になれるがモットーです。
 自分の将来を真剣な眼差しで考える学生に対し、私たちは「本気」でキャリアサポートを実施。これが我々の最低限の誓いです。
 また一度や二度の面談で思うようなインパクトは与えられません。「根気」は学生に対する愛情と考えています。
 昨年一年間で行ったキャリアサポート面談は1500回以上。私たちの熱意は、確実に伝わっていると思います。

キャリア支援の特色を教えてください
 まず学生に自律をもとめ、その上に個別指導によるキャリアカウンセリングを実施します。たとえば、5月には9人の教授陣とキャリアサポート課スタッフが5年次生全員の面談を行います。一人ひとりの希望進路を聴き基礎データを作成するのです。さらに個別面談を重ねるたびに情報を更新して、学生個人の個別データになっていきます。このデータはカウンセリングで絶大な効果を発揮しており、大阪薬科大学の充実した就職実績の原動力になっています。
 またキャリアサポート課のスタッフは全員がキャリア支援のプロです。ITを使った指導、エントリーシートの指導など専門化をはかっており、スタッフはカウンセラーの資格取得者、または取得チャレンジ中です。

大阪薬科大学が就職に強い理由を教えてください
 大阪薬科大学の就職率が学部・大学院とも例年ほぼ100%を達成しているのは、キャリア支援を卒業生、教員、職員のオール大阪薬科大で実施しているからです。就職とは人生を考えることと考え、そのため大学全体で指導にあたっているのです。人生そのものを考える就職。その準備のため低学年から様々なガイダンスを実施しています。
 大阪薬科大学には100年以上の歴史があり、病院や保険(調剤)薬局、製薬会社、食品や化粧品メーカー、行政など幅広い分野に卒業生がいます。先輩たちの活躍が大阪薬科大学の評価を高めてくれているのです。
 また卒業生は全国で活躍しています。たとえば東京の病院や企業でも多くの先輩が
 働いています。本学には、東京(首都圏)の病院や保険(調剤)薬局、製薬企業の間に太いパイプがあります。東京地区に関しても恵まれた就職環境があるため首都圏の薬学生と同様の就職活動ができます。関東地区出身の学生は地元に戻って就職することは多いですね。

特徴について教えてください
 公務員希望の学生も多く、毎回の「公務員ガイダンス」には200人を超える学生の参加があります。学生が行政職として、また公務員薬剤師職として活躍できるように、私たちも全力でサポートしています。実績に基づいた指導を継続することで多くの卒業生を公務員として輩出してきました。全国の薬学部では日本一の実績と蓄積したノウハウが本学にはあると自負しています。
 今後、キャリアカウンセリングを支援するITシステムも稼働します。これにより、これまで以上に充実した学生支援が実現することになるでしょう。


個人情報保護原則 会社概要 編集部にMail
Copyright© 2007 yakkei.com. All Rights Reserved.