薬学部情報 医薬系学部・学科情報 薬学部入試情報

 ・薬学部とは
 ・各大学の入試日程(推薦)
 ・各大学の入試日程(一般)

 ・国立大学法人の薬学部にリンク
 ・東日本の薬学部にリンク
 ・首都圏の薬学部にリンク
 ・中日本の薬学部にリンク
 ・近畿圏の薬学部にリンク
 ・西日本の薬学部にリンク

 ・薬剤師国家試験とは
 ・薬剤師国家試験の結果
 ・大学院進学と海外留学

 ・薬学部出身者の主な進路
 ・就職指導スケジュール
 ・就職指導・キャリアセンター取材












 薬学部出身者の主な進路

6年制薬学科

 薬学科卒業生の進路は次のような業種・業界が中心です。
 @薬局・ドラッグストア、A病院、B製薬企業、Cその他(公務員を含む)
 これら各業界にバランスよく卒業生を輩出しているのが北海道大学、静岡県立大学、広島大学、岡山大学、慶應義塾大学、昭和大学、東京薬科大学、明治薬科大学、大阪薬科大学、京都薬科大学など。中でも京都薬科大学と大阪薬科大学は毎年変わらない就職実績を築いています。
 「薬局や病院、製薬会社以外にどんな進路があるか」という質問が寄せられることがあります。資格にこだわらず薬学部で学んだ知識や人脈を活かすのであれば、他の業界で働くことも考えられます。例えば総合商社に就職して、薬学の知識を活かして活躍する先輩は複数存在します。知識を生かすことを考えればあらゆる業界が進路の対象になります。

@保険薬局・ドラッグストア
 薬学科は臨床実習が重視されるなど医療人教育の色彩が強くなりました。
 そのため薬学部出身者の進路は、病院・診療所、保険薬局、ドラッグストアが中心になり、中でも調剤薬局に就職する学生が多くなりました。
 一般用医薬品(OTC薬)のネット販売は、閣議決定された成長戦略に押し切られた形になりました。規制緩和ありきで進められましたので、薬害が生じれば見直しすることになるのでしょう。
 病院薬剤師や保険薬局の薬剤師から見ると、一般用医薬品(OTC薬)は医療用医薬品とは違う難しさがあるといいます。加えて処方薬である医療用医薬品との相互作用などの心配があります。ネット販売に関してはしばらく様子を見る必要がありますが、クスリの専門家である薬剤師が関わりを持つことは大切なことです。

A病院・診療所
 病院については、薬剤師がリスクマネージャーとして機能させる施設が増えました。薬剤師がチーム医療の一員と認められ、平成24年には薬剤師の病棟活動に診療報酬(加算)が付くことになって薬剤師の存在が収入の面でも貢献することになったのです。そのため病院の薬剤師採用は拡大しています。
 薬剤師の活用は医師や看護師の負担軽減が背景にあり、薬剤師の働きが評価されればチーム医療の中で担う役割が拡大する可能性があります。

B製薬企業
 製薬業界は、薬学出身者の専門知識を評価します。また化粧品・食品企業の一部にも薬学出身者の能力を評価する会社があります。
 薬学科学生の希望進路は、臨床開発職(CROを含む)が多く、次いで医薬情報担当者(MR)です。
 化粧品は直接肌につけるもののため薬事法で規制されています。皮膚刺激の発生や体内への影響・安全性を保証するためです。そのため新製品の行政への申請は薬剤師が行います。

4年制薬科学科

 薬科学科卒業生の進路は以下が考えられます。
 @大学院進学、A製薬企業(MRなど)、B化学・化粧品・食品などの分野、Cその他(公務員を含む)
 4年制学科の出身者の進路は、生命科学部や工学部、理学部の化学系の就職と同様の環境といえます。他学部と違うのは、医薬を前提とした薬学がベースになった学びであること。そのため薬科学科出身者の進路も製薬企業のウエイトが高くなっています。

大学院薬学研究科
 製薬企業などメーカーの多くは大学院修士課程修了以上を採用基準にしています。そのため、研究職をめざす場合は大学院進学を考えておきます。
●製薬企業
 製薬業界では、創薬研究をはじめ様々な業務があります。医薬品の安全性は製薬会社にとって常に守らなければならない課題です。そのため前臨床や臨床開発を注意深く進め、新薬として市販されても安全性のチェックを継続します。 多くの患者さんに投与するようになると、臨床試験では現れなかった副作用、他の薬との相互作用などが明らかになってきます。
 これら医薬品の有害事象を監視・評価する部署もあります。副作用や相互作用などの有害事象を確認すると行政への報告、医療機関への情報提供、添付文書の改訂などを行います。
 最近ではips細胞の技術を使った試験を導入。製薬会社は低分子化合物中心の伝統的な研究体制から抜け出そうとしています。今後は抗体医薬など生命科学も注目が集まっていくと考えられます。
 化粧品業界では、美白効果をうたったフェニル系製品による白斑症状が問題になりました。また化粧品会社はきれいな肌を表現するためナノ化粧品を開発。細胞間に入り込んだ成分が健康に影響を与えないとも限りません。白斑の因果関係やナノマテリアルなどについて研究テーマするのも薬学研究科出身の研究者です。


個人情報保護原則 会社概要 編集部にMail
Copyright© 2007 yakkei.com. All Rights Reserved.