薬学部情報 医薬系学部・学科情報 薬学部入試情報

 ・薬学部とは
 ・各大学の入試日程(推薦)
 ・各大学の入試日程(一般)

 ・国立大学法人の薬学部にリンク
 ・東日本の薬学部にリンク
 ・首都圏の薬学部にリンク
 ・中日本の薬学部にリンク
 ・近畿圏の薬学部にリンク
 ・西日本の薬学部にリンク

 ・薬剤師国家試験とは
 ・薬剤師国家試験の結果
 ・大学院進学と海外留学

 ・薬学部出身者の主な進路
 ・就職指導スケジュール
 ・就職指導・キャリアセンター取材













大阪大学薬学部の平成31年度入試は、全て6年制学科の募集になる (2018/3/14)


国立大学の薬学教育は、6年制教育と4年制を並立して行っています。
この教育では教育、行政、創薬、臨床、医療の場で重要な「研究型高度薬剤師」、さらにはグローバルで活躍する「Pharmacist-Scientist」が排出できないと危惧されています。
この問題が文科省や学術会議などで今後の薬学部のありかたとして検討課題になっているようです。
このような環境の中で大阪大学薬学部は、従来の6年+4年(博士課程)とは異なる教育を計画しています。
Pharmacist-Scientistの排出では10年1貫の教育研究システムを開始するなど革新的なコースを設置するようです。

すでに文部科学省の了承を得て、平成31年度入試から6年制(定員80名)の学生募集を行います。
現在のところ設置目的などはわかりませんが、受験生にとってどんなことを学ぶことができるのか、教育システムは? 将来の進路は?といった疑問がはれなければ志望校に加えることはできません。
薬系進学では、大阪大学に資料を求めていますので、詳細が分かり次第紹介していきます。
また大阪大学薬学部の研究室取材時にさらに詳しく情報収集するつもりです。


戻る


個人情報保護原則 会社概要 編集部にMail
Copyright© 2007 yakkei.com. All Rights Reserved.