薬学部情報 医薬系学部・学科情報 薬学部入試情報

 ・薬学部とは
 ・各大学の入試日程(推薦)
 ・各大学の入試日程(一般)

 ・国立大学法人の薬学部にリンク
 ・東日本の薬学部にリンク
 ・首都圏の薬学部にリンク
 ・中日本の薬学部にリンク
 ・近畿圏の薬学部にリンク
 ・西日本の薬学部にリンク

 ・薬剤師国家試験とは
 ・薬剤師国家試験の結果
 ・大学院進学と海外留学

 ・薬学部出身者の主な進路
 ・就職指導スケジュール
 ・就職指導・キャリアセンター取材














北里柴三郎博士といえば、世界的な細菌学者として知られています。
北里博士は、破傷風菌培養の成功(1889)、抗毒素抗体と血清療法の発見(1890)、ペスト菌の発見(1894)など数々の業績を残し、日本の近代医学の発展と衛生行政の確立に貢献しました。
北里博士は常々「事を処してパイオニアたれ。人に交わって恩を思え。そして叡智をもって実学の人として、不撓不屈の精神を貫け」と門下生に説かれました。
北里博士は、研究者であると同時に人材育成をすすめる教育者でもあったのです。
北里大学は、北里柴三郎博士を学祖に仰ぐ大学。
「研究」、「社会貢献」、「人材育成」という北里博士の遺志を受け継ぎ、ライフサイエンス研究者、医師、薬剤師、看護師などの医療人を育成しています。

北里大学は 生命科学と医療科学の総合大学
 北里大学は、北里研究所創立50周年を記念して、1962年に設立されました。当初は1学部2学科で発足しましたが、その後、7大学院7学部、一般教育部、附置研究所、2大学病院を有するまでに発展。そして2008年4月、社団法人北里研究所と学校法人北里学園が統合し、「学校法人北里研究所 北里大学」が誕生しました。これにより7大学院7学部、一般教育部、北里生命科学研究所、東洋医学総合研究所、北里大学病院を始めとする4つの附属病院、2つの専門学校を擁する、生命科学と医療科学の総合大学となりました。このように恵まれた環境の下で、新しい薬学教育を実践しています。

臨床薬学教育のパイオニアが 次世代の薬剤師を養成する
 北里大学に臨床薬学教育が芽生えたのは、大学院修士課程で臨床薬剤師教育を開始した昭和48年のこと。当時は「臨床薬学」という言葉さえありませんでしたが、その時すでに北里大学病院ではベッドサイドでの服薬指導業務を展開していました。
 そして2006(平成18)年、日本の薬学教育は6年制教育に移行。臨床薬学のパイオニアとして常に臨床薬学教育に力を注いできた北里大学薬学部の教育体制は、6年制薬学教育のモデルになるとして「特色ある大学教育支援プログラム」に選定されました。北里研究所の伝統を継承したレベルの高い基礎研究、一般教育部と連携した人間性教育、4つの附属病院を有する生命科学・医療科学の総合大学としての特色を活かして、先進の薬学教育を実践しています。

北里大学附属4病院が 病院実習の舞台
 1年次の早期体験実習、5年次の実務実習(病院)は、北里大学附属4病院を中心に行います。病院実習では、調剤業務や服薬指導など一般的な業務だけでなく、症例検討に関するカンファレンス、院内勉強会へも参加します。
 各病院の薬剤部長は、薬学部教授または准教授が務めており、また各薬剤部には6人程度の薬学部専任教員を配置しています。普段から学生の教育にあたっている教員が実務実習の面倒をみるという、責任ある実習体制が整っています。また、実習担当教員は薬剤師としての実務を行いながら学生の指導にあたるため、常に医療現場における最新の知識・技能が学生の指導に活かされます。
 さらに事前実習では、薬学部と同じキャンパスにある北里研究所病院内の施設を利用するため、臨場感に溢れた事前実習が展開されます。


北里大学病院(神奈川県相模原市)

北里大学東病院(神奈川県相模原市)

北里大学北里研究所病院(東京都港区)

北里大学メディカルセンター(埼玉県北本市)



オール北里で展開する 「チーム医療演習」
 毎年5月に「チーム医療演習」を実施しています。薬学・医学・看護学・医療衛生学の医療系4学部と、保健衛生専門学院、看護専門学校の学生、総勢1,000人以上が参加。薬学部からは6年生が参加します。学生は約10人で1つの模擬医療チームをつくり、救急医療や感染症対策など、与えられたテーマについて医療チームとしての対処法を討論します。職種による考え方の違い、他職種とのコミュニケーションの難しさ、協力の必要性などを体験し、チーム医療における薬剤師の役割を自覚させます。
 また、1年次には「チーム医療論」、6年次には「チーム医療体験実習」を開講しており、他の医療系学部学生との交流の場を設けています。


学習支援室の個別指導で 高い薬剤師国家試験合格率
 北里大学薬学部は、薬剤師国家試験対策を独自の指導で行い、例年高い合格実績を残しています。その基礎となっているのが卒業研究を行う研究室スタッフの指導であり、学習支援室のスタッフによる個別のサポート。とくに学習支援室は、成績不振者への勉学指導を行うとともに、薬剤師国家試験対策においても主要な役割を果たしています。きめ細かな学習支援体制は、6年次後期の薬剤師国家試験対策へ継承されます。

社会薬学実習・・・社会における 責任を考える
 病院や地域医療の中で、薬剤師は多くの人とのつながりを通じて、仕事を進めます。北里大学薬学部は、そうした現場で活躍できるよう、社会的な責任を意識した人材育成にも力を入れています。
 「社会薬学実習」では「災害時医療」「薬害被害」など、医療が有効に機能しない局面も紹介。実際に状況を体験した医療スタッフや患者さん、障がいのある方を招き、その体験を直接聞くだけでなく、少人数制の討論(SGD)方式で、薬剤師として「何ができるか」を真剣に考え始める手がかりを作っています。

臨床との密接な連携で 創薬研究に強みを持つ 4年制の生命創薬科学科
 現代の健康志向の高まりや薬学関連領域で求められる人材の多様化に応え、薬学に関する専門知識と技能を持つ研究者・高度技術者を育てるのが生命創薬科学科です。基礎研究を中心とした生命創薬科学科では、学部教育と大学院教育を連携させた体制を採ることにより、学生の研究志向を育む指導を行っています。
 1年次では、薬学の基礎となるサイエンスの各分野を学習するとともに、「創薬科学への招待」では、公的機関や企業の研究所を訪問し、第一線の研究を見学します。2年次では、「生命創薬科学T・U」において、各研究室の研究内容を理解し、自分の興味のある研究室を選択します。3年次後期からは、学生一人一人研究室に配属され、卒業研究が始まります。4年次からは卒業研究が本格化すると同時に、大学院進学のための準備をします。大学院修士課程に進学し、2年間最先端の基礎研究に従事することで、薬学研究者の道に進むことができます。

問題解決能力を身につける 卒業研究活動
 薬学科は5年次から、生命創薬科学科は3年次後期から研究室に配属になります。自分の興味・関心のある研究室を選択して研究活動を行い、研究成果をまとめて卒業論文を作成します。学部講義で学ぶものはテキストに答えが書かれているものですが、卒業研究では、未知の領域で、自分で答えを見つける経験をします。研究を進めるには、論理的な思考と忍耐力が必要です。卒業研究を通して、個々の患者さんに対応しなければならない医療現場での問題解決能力が身につきます。

チューター制度とオフィスアワー制度 そして学生相談室が学生生活をサポート
 北里大学薬学部はチューター制度とオフィスアワー制度を導入しています。入学時に割り当てられた学部教員、もしくは卒業研究で配属された研究室の教員がチューターとなります。オフィスアワー時間帯には、学生は自由に教員を訪問して、学習面だけでなく日常生活の不安や心配事についても相談できます。また学生相談室には、北里大学薬学部出身で臨床心理士の資格をもつ教員が常駐しており、専門家として学生の精神面・生活面をサポートしています。

就職指導…卒業生の活躍が 就職活動を有利に進める。
 北里大学薬学部と北里大学就職センターが連携して就職活動をサポートしています。薬学部では、教職員による就職指導体制のもと、就職講演会、面接マナー講座、企業説明会、就職ガイダンスなどを実施しています。また、北里大学就職システムおよび進路支援システムにより、インターネットを介して、学内外どこからでも求人情報を検索することができます。さらにキャリアカウンセラーによる就職個別相談も行っています。これらの支援により、就職率は例年100%の実績を誇っています。

白金キャンパス リニューアル計画進行中
 白金キャンパスでは、一昨年5月に新2号館が完成。地下1階、地上3階の建物は、3つの大講義室や学生食堂からなり、学生が学びやすく快適に過ごせる空間になるよう、硝子を多用した明るい室内、木のぬくもりが感じられるデザインなどが特徴的です。また、1階の学生食堂は、「銀座スエヒロカフェテリアサービス」が運営。銀座スエヒロの一流の味を気軽に楽しむことができます。
 白金キャンパスは、引き続き平成30年度の竣工を目指して、地下2階、地上14階建ての高層棟や新白金図書館等を配置した低層棟、アリーナ棟の建設に着手します。これにより白金キャンパスは一新され、薬学部の教育環境や学生生活環境は格段に向上する予定です。



 

個人情報保護原則 会社概要 編集部にMail
Copyright© 2007 yakkei.com. All Rights Reserved.