薬学部情報 医薬系学部・学科情報 薬学部入試情報

 ・薬学部とは
 ・各大学の入試日程(推薦)
 ・各大学の入試日程(一般)

 ・国立大学法人の薬学部にリンク
 ・東日本の薬学部にリンク
 ・首都圏の薬学部にリンク
 ・中日本の薬学部にリンク
 ・近畿圏の薬学部にリンク
 ・西日本の薬学部にリンク

 ・薬剤師国家試験とは
 ・薬剤師国家試験の結果
 ・大学院進学と海外留学

 ・薬学部出身者の主な進路
 ・就職指導スケジュール
 ・就職指導・キャリアセンター取材
















大阪大学薬学部としての教育目標
 薬学とはヒトの健康とその確保を考究する学問。そして医薬品の創成とその適正な使用法の確立、生活環境の安全・安心の確保等を通じて人類の健康に奉仕し、豊かな社会の発展に貢献することが目的です。
 大阪大学薬学部は、生命科学、創薬科学、社会・環境薬学、医療薬学の発展を担う人材育成を理念としています。創造性あふれる豊かな人間性と倫理観を育み、薬学領域における幅広い知識と深い専門性の修得を通して、「ものづくり(創薬)」に貢献できる人材を育成します。

我が国有数の「創薬科学」の研究教育拠点-大阪大学薬学部
 薬学は、「ヒトの健康確保を考究するサイエンス」であり、薬は勿論のこと、食品、化粧品、環境など、その研究対象は広範で、将来の活躍場所とその機会は無限大と言っても過言ではありません。薬学には、人生を賭けるだけの「夢と希望」がつまっています。
 そして大阪大学薬学部には、「病気の不思議を解明したい!」、「難病に対する薬を創りたい!」という「夢と希望」に応え、叶えるだけの環境が整っています。
 大阪大学薬学部は、世界と戦える薬学研究教育拠点としてさらに発展し、「この5年でOnly Oneに。10年でNumber Oneに。」を合い言葉に研究活動を展開しています。

健康科学の発展に貢献する研究者教育に主眼を置く
 薬学教育を受けた研究者に対するニーズは、今後一層高まるに違いありません。日本の健康科学発展のため、産官学の各分野で薬剤師博士(Pharmacist-Scientist)が求められています。
 中でも国立大学薬学部に求められる社会の要請が強くなっています。その要請に応えるため、大阪大学薬学部は4年制と6年制の長所を融合させた教育改革「全6年制薬学教育」が最適と考えています。
 大阪大学薬学部は、新薬学教育システム「新全6年制」を導入します。6年間の薬学教育の中に、目的別の3コースを設置。大学院一体化による「独創と共創」に基づく薬学教育を展開し、薬学研究者育成を主眼とした教育・研究を特色にしていきます。

薬学部のカリキュラム・ポリシー
 臨床現場、生命科学、創薬科学、社会・環境薬学などの領域で活躍しうる薬学研究者に必要な、論理的かつ柔軟な思考力の養成と研究者精神の涵養を行います。
 また、「創薬基盤技術力」の強化をめざし、創薬研究に特化した附属創薬センター教員による専門教育も実施。さらに早期から研究を開始するカリキュラムによりヒトの健康に関わる仕事につく人材に相応しい倫理観を育てます。



新全6年制薬学教育に3コースを設置
 大阪大学は、共通教育科目、専門教育科目及びその他必要とする科目を体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に組合せた授業を開講しています。
 新全6年制薬学教育では、3コースを設置して産官学の各分野が渇望する人材を育成します。
 設置するコースは、Pharm.Dコース、薬学研究コース、先進研究コースです。
○Pharm.Dコース
 医学部、歯学部、附属病院などと部局横断型で高度臨床の教育研究をします。
○薬学研究コース
 4年制薬学教育の欠点を改善し、研究の時間的連続性を確保して創薬基盤研究を行います。
○先端研究コース
 推薦入試を利用して学部・大学院一貫の最先端研究教育を行います。
 各コースの学生は、低年次で全学共通教育と基礎薬学、創薬科学、環境・衛生薬学、基礎実習、基礎医療薬学などの専門科目も履修します。その上でコース別の高度な専門教育研究を展開します。

研究型高度薬剤師を育成するPharm.Dコース
 国際的に活躍する臨床研究者は、Pharm.Dという学位がお互いを認める基準。Pharm.Dを名乗るには豊富な臨床経験が求められます。このコースは、日本の薬学部で唯一といえるPharm.D(大阪大学)養成機関です。
 高度な臨床研究者・薬剤師を養成するため臨床現場を早期体験。学部3年次から6年次の4年間、附属病院や薬学部の臨床・医療系研究室などに配属し横断的教育研究を実現します。他学部の教員も薬学部学生を教育研究指導するという画期的な教育システムです。加えて、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)や製薬会社の方を招いた講義も実施しています。
 臨床経験を積み、臨床力と研究力を併せ持つ薬剤師を育成。将来は、臨床で活躍する薬剤師のリーダー、厚生労働省など官公庁、製薬会社の研究職をめざします。
○関連施設/大阪大学医学部・医学系研究科、医学部附属病院、歯学部附属病院、国立病院機構大阪医療センター、国立循環器病研究センター、大阪国際がんセンター、大阪大学系列病院

事前実習施設・模擬薬局
事前実習施設・模擬病室

薬剤師資格を持つ研究者を育成する 薬学研究コース
 大学院薬学研究科の研究教育を色濃く残すコースです。
 一般的な4年制薬科学科の研究教育では、薬が使われる臨床の知識を養うことはできません。このコースは、臨床経験を積み、臨床検体や臨床情報を理解した創薬研究者を育成します。患者を知り、病気を知る研究者です。
 従来の4年制の学部生は、修士課程に進学してもわずかの期間で就職活動が始まり、研究を中断しました。
 このコースは、3年次から5年次までの連続した期間を研究にあてます。また6年制学科の目的のひとつは薬剤師国家試験受験資格の取得です。
 これら研究力の養成と資格取得の両立を可能にしたのが教育スケジュールの工夫です。
 事前教育、実務実習などを1年後ろ倒しすることで実現したのです。
 事前学習OSCE・CBT、を5年次後期に行い、実務実習などを6年次で行います。このコースは、4年制+修士課程と同じ期間で、臨床を知る創薬研究者を、同時に薬剤師を育成します。

Pharmacist-Scientistを養成する 先進研究コース
 
 新全6年制薬学教育で最も特徴的なコース。10年間一貫(学部+大学院)の最先端研究教育を行うコースです。産官学など社会の要請に応える研究教育を実現します。
○製薬会社などの創薬研究者の育成。
 薬が使われる現場を知る創薬研究者の育成。医療分野のリーダーとなる高度薬剤師の育成をめざします。
○官公庁で活躍する人材の養成。
 厚生労働省やPMDAなど保険医療に貢献する薬剤師博士(Pharmacist-Scientist)の育成をめざしています。薬事行政を牽引し、グローバル活躍する人材を育成します。
○薬学・医学研究者の育成。
 薬学部教授などの教員は、博士号の学位を取得した研究者です。先端薬学研究者であり薬剤師をもつ次代の薬学者(薬剤師博士)の育成をめざします。
 このコースは、推薦入試合格者を対象にしますが、条件を満たせば薬学研究コース、Pharm.Dコースからのコース変更も可能としています。



就職率はほぼ100%を達成しています
 薬学部の学生は、製薬など企業に就職する学生が最も多く、病院薬剤師、薬局薬剤師と続きます。就職率はほぼ100%です。
 新全6年制薬学教育への移行は社会のニーズを捉えたものですから、さらに就職内容が充実するものと考えています。

豊中キャンパスと吹田キャンパスが学生生活の舞台
 薬学部に入学後の1年半は豊中キャンパスで語学などの教養教育を受けます。
 2年次後期には、吹田キャンパスに移動して薬学基礎教育を受けます。吹田キャンパスには実務実習でお世話になる医学部附属病院、歯学部附属病院もあります。

薬剤師国家試験への対応も万全です
 事前実習を行う薬学研究科医療薬学実習棟には、調剤室、無菌調整室を始め、模擬薬局やDI・カンファレンス室、TDM室などを設置して共用試験をバックアップしています。
 薬剤師国家試験の準備は、研究室が中心になってスタッフ・大学院生が支援します。学生の能力が高く、お陰さまで毎回高い合格実績を誇っています。
●薬剤師国家試験合格実績(6年制卒業者・新卒)
○第1期生/2012年卒 第97回 100%
○第2期生/2013年卒 第98回 96.00%
○第3期生/2014年卒 第99回 70.83%
○第4期生/2015年卒 第100回 84.62%
○第5期生/2016年卒 第101回 91.67%
○第6期生/2017年卒 第102回 95.65%
○第7期生/2018年卒 第103回 87.50%





個人情報保護原則 会社概要 編集部にMail
Copyright© 2007 yakkei.com. All Rights Reserved.