薬学部情報 医薬系学部・学科情報 薬学部入試情報

 ・薬学部とは
 ・各大学の入試日程(推薦)
 ・各大学の入試日程(一般)

 ・国立大学法人の薬学部にリンク
 ・東日本の薬学部にリンク
 ・首都圏の薬学部にリンク
 ・中日本の薬学部にリンク
 ・近畿圏の薬学部にリンク
 ・西日本の薬学部にリンク

 ・薬剤師国家試験とは
 ・薬剤師国家試験の結果
 ・大学院進学と海外留学

 ・薬学部出身者の主な進路
 ・就職指導スケジュール
 ・就職指導・キャリアセンター取材
















大阪大学薬学部としての教育目標
 薬学とはヒトの健康とその確保を考究する学問。そして医薬品の創成とその適正な使用法の確立、生活環境の安全・安心の確保等を通じて人類の健康に奉仕し、豊かな社会の発展に貢献することが目的です。
 大阪大学薬学部は、生命科学、創薬科学、社会・環境薬学、医療薬学の発展を担う人材育成を理念としています。創造性あふれる豊かな人間性と倫理観を育み、薬学領域における幅広い知識と深い専門性の修得を通して、「ものづくり(創薬)」に貢献できる人材を育成します。

我が国有数の「創薬科学」の研究教育拠点-大阪大学薬学部
 薬学は、「ヒトの健康確保を考究するサイエンス」であり、薬は勿論のこと、食品、化粧品、環境など、その研究対象は広範で、将来の活躍場所とその機会は無限大と言っても過言でありません。薬学には、人生を賭けるだけの「夢と希望」がつまっています。
 そして大阪大学薬学部には、「病気の不思議を解明したい!」、「難病に対する薬を創りたい!」という「夢と希望」に応え、叶えるだけの環境が整っています。
 大阪大学薬学部は、世界と戦える薬学研究教育拠点としてさらに発展し、「この5年でOnly Oneに。10年でNumber Oneに。」を合い言葉に研究活動を展開しています。

健康科学の発展に貢献する研究者教育に主眼を置く
 大阪大学薬学部は4年制の薬科学科と6年制の薬学科の2学科から成り、共に薬学研究者の育成を主眼とした教育を行っています。
 薬科学科の卒業生はほとんどが大学院進学を希望しており、修士や博士の学位を取得して社会に巣立っていきます。
 薬学科の学生は6年間の一貫教育を経て、薬剤師の国家試験受験資格を取得し、将来指導者的な立場に立つ臨床薬学研究者としての活躍が期待されています。
 薬学教育を受けた研究者に対するニーズは今後一層高まることは間違いありません。
 薬科学科と薬学科。いずれも健康科学の発展に大きく貢献できる研究者養成ををめざしています。

薬学部のカリキュラム・ポリシー
 大阪大学は、学位授与の方針に掲げる知識・技能の修得のため、共通教育系科目、専門教育系科目及びその他必要とする科目を体系的に編成し、講義、演習、実習等を適切に組合せた授業を開講します。
 薬科学科は、全学共通教育、基礎薬学、創薬科学、環境・衛生薬学、基礎医療薬学に関する講義に加え、基礎実習、卒業研究などの授業科目を幅広く受講しています。
 これにより生命科学、創薬科学、社会・環境薬学などの領域で活躍しうる薬学研究者に必要な、論理的かつ柔軟な思考力の養成と研究者精神の涵養を行います。
 また、「創薬基盤技術力」の強化をめざし、創薬研究に特化した附属創薬センター教員による専門教育を実施。さらに早期から研究を開始するカリキュラムを組み、ヒトの健康に関わる仕事につく人材に相応しい倫理観を育てます。
 薬学科は、全学共通教育、基礎薬学、創薬科学、環境・衛生薬学、基礎実習に始まり、医療薬学に関する専門科目を重点的に受講。
 さらに5ヶ月間にわたる病院実務実習・薬局実務実習を経験します。これらの教育を通して「創薬臨床力」の強化を図り、薬物による疾患の克服を介して人類の福祉と健康に貢献する薬の専門家に必要な、論理的かつ柔軟な思考力を養成します。社会が求める医療人としての責任感を涵養し、高い倫理観と豊かな人間性を育てます。
 また、革新的医薬品のみならず、医療機器の開発を含めた領域で、早期に研究を開始し、創成薬学専攻の博士前期課程と同等以上の研究時間を確保して卒業研究を行うなど、科学的論理思考の向上を図ることができるカリキュラムを組んでいます。

製薬会社などで創薬研究者として活躍できる人材の育成
■薬科学科
 画期的医薬品の創成を目指し、創薬ターゲットの探索、その有効性と安全性の確保といった創薬基礎研究力に加え、これらを支える「創薬基盤技術力」を高め、国際的競争力をもったリーダーの輩出をめざします。
 2年次後期までに所定の単位を取得すると、薬科学科の学生は3年次に研究室に配属して2年間の卒業研究を行い、その成果を発表して学士(薬科学)を卒業します。
 薬科学科の学生のほとんどが大学院進学を希望しており、4年次の8月に大学院を受験します。
 大学院(創成薬学専攻)は2年間の博士前期課程と3年間の博士後期課程から構成され、修了すればそれぞれ修士(薬科学)、博士(薬科学)の称号が授与されます。
 修了者は大学教員、国公立研究機関研究員、製薬企業での研究開発職としての活躍が期待されています。

「創薬臨床力」を備えた先導的なリーダー薬剤師を輩出
■薬学科
 未来医療の実現を目指し、大阪大学独自のPharm.Dコースなどにより、医療統計学やレギュラトリー・サイエンス、薬事戦略、トランスレーショナルリサーチを通じて、「創薬臨床力」を高め、世界をリードする先導的医療人の輩出をめざしています。
 薬学科の学生は3年次から6年次の4年間研究室に配属され、長期課題研究(卒業研究)を行います。4年次後半、臨床現場での実務実習に必要な共用試験(CBT、OSCE)に合格すると5年次は病院および薬局で実務実習を行います。
 さらに医療薬学科目の単位を取得すれば学士(薬学)として卒業し、国家試験合格により薬剤師免許が取得できます。
 薬学科の学生が進学する大学院(医療薬学専攻)は4年制。医療薬学の研究を行うこの課程を修了すれば博士(薬学)の称号が授与されます。修了者は病院薬剤部、薬科大学などにおける指導的立場での活躍が期待されます。

事前実習施設・模擬薬局
事前実習施設・模擬病室

薬学の発展に貢献する多くのトップランナーを輩出
■大学院薬学研究科
 大学院薬学研究科は、創薬、医療、環境など広範な分野の最前線で活躍しうるトップランナーを輩出してきました。
 現在、人類を取り巻く社会環境は大きく変化し、健康科学に関わる薬学研究者の果たすべき役割はより重要になっています。
 今後、薬学領域を基盤とする研究者に対するニーズがより高まることは間違いありません。是非、大阪大学薬学研究科で、総合健康科学の発展に貢献する研究者をめざしてください。
 創成薬学専攻は、最先端の基礎科学を習得し、新たな生命原理の発見や革新的科学技術・医療技術の創成に寄与する「創薬基盤技術力」を備えた人材を育成します。
 医療薬学専攻は、最新の医療を理解・習得し、現在の薬物治療・医療技術の科学的評価と最適化、あるいは疾患の発症機序の解明とそれに基づく新規薬物治療の開発に寄与する「創薬臨床力」を備えた人材の育成を実践します。

就職率は両学科ともほぼ100%を達成しています
 
薬科学科の学生の多くが大学院博士前期課程に進学します。その後、博士前期課程から後期課程進学者は8%程度です。
 薬学科学生は、製薬など企業に就職する学生が最も多く、病院薬剤師、薬局薬剤師とづきます。いずれも就職率はほぼ100%。学生は、それぞれの希望を達成して巣立ちます。



豊中キャンパスと吹田キャンパスが学生生活の舞台
 薬科学科、薬学科ともに入学後の1年半は豊中キャンパスで語学などの教養教育を受けます。2年次後期には吹田キャンパスに移動。両学科の学生は一緒に薬学基礎教育を受けます。吹田キャンパスには実務実習でお世話になる医学部附属病院もあります。
 4年次から薬科学科、薬学科、それぞれの学科に分かれて学ぶことになります。

薬剤師国家試験への対応も万全です
 事前実習を行う薬学研究科医療薬学実習棟には、調剤室、無菌調整室を始め、模擬薬局やDI・カンファレンス室、TDM室などを設置しています。これら施設を用いた実習教育が共用試験をバックアップします。
 薬剤師国家試験の準備は、研究室が中心になってスタッフ・大学院生が支援します。学生の能力が高く、お陰さまで毎回高い合格実績を誇っています。
●薬剤師国家試験合格実績(6年制卒業者・新卒)
○第1期生/2012年卒 第97回 100%
○第2期生/2013年卒 第98回 96.00%
○第3期生/2014年卒 第99回 70.83%
○第4期生/2015年卒 第100回 84.62%
○第5期生/2016年卒 第101回 91.67%
○第6期生/2017年卒 第102回 95.65%





個人情報保護原則 会社概要 編集部にMail
Copyright© 2007 yakkei.com. All Rights Reserved.