薬学部情報 医薬系学部・学科情報 薬学部入試情報

 ・薬学部とは
 ・各大学の入試日程(推薦)
 ・各大学の入試日程(一般)

 ・国立大学法人の薬学部にリンク
 ・東日本の薬学部にリンク
 ・首都圏の薬学部にリンク
 ・中日本の薬学部にリンク
 ・近畿圏の薬学部にリンク
 ・西日本の薬学部にリンク

 ・薬剤師国家試験とは
 ・薬剤師国家試験の結果
 ・大学院進学と海外留学

 ・薬学部出身者の主な進路
 ・就職指導スケジュール
 ・就職指導・キャリアセンター取材













 薬剤師の仕事 調剤業務

薬剤師の基本は調剤業務

 調剤の基本は薬を量り、分け、混ぜること。そして粉剤(散剤)、水剤などは薬剤師が調剤します。
 調剤は、医薬品の副作用、相互作用を確認。薬剤師は、処方せんに従ってお薬をピッキングしながら相互作用をチェックします。
 患者さんにお薬を渡す前に別の薬剤師が処方監査を行って確認し、さらに患者さんに投薬するとき別の薬剤師が服薬指導します。このときも患者さんとの会話の中から副作用の有無を確認しているのです。患者さんの相談から副作用が疑われれば医師に連絡するなどの活動を行います。

調剤業務

入院調剤
 入院調剤(1回量分包)、薬剤管理指導業務、持参薬鑑定などを行います。

注射剤調剤 オーダリングシステム
 基本は注射剤を患者さん個人別に用意して、病棟に搬送します。抗がん剤は薬剤部が患者ごとに投与履歴をチェックし、クリーンベンチを使って混注業務を行います。

製剤業務
 経静脈栄養(IVH,TPN)は,食事がとれないか食事の量が不十分な患者さんに、必要な栄養を輸液として静脈から投与。輸液は無菌室内で行います。
特殊製剤
 薬の製剤を医療現場からの要望により調製します。軟膏の製剤、病院内で使用する滅菌消毒液の調整なども担当しています。

外来調剤
 医薬分業が進んで、外来の患者さんの薬は院外処方箋を発行し、外の保険薬局が調剤を行うようになっています。しかし、検査に必要な薬、病院で出したほうがいい薬が処方されたときは院内で調剤します。

治療に直接貢献する仕事

病棟業務
 薬剤師が臨床で、チーム医療の一員として、医師・看護師などへの医薬品情報の提供、病棟における医薬品管理などを行います。患者さん個々の処方設計を担当する薬剤師活動をする病院もあります。

外来化学療法
 通院治療するがんの患者さんに、抗ガン剤のレジメンに基づいて処方監査・調製・服薬指導を行います。


がん外来化学療法室。
隣接した部屋にクリーンベンチを置いて注射剤の混合業務を行う病院がある。


救命センター調剤
 医薬品の管理などICU・救急病棟に出向いて調剤を担当します。急性薬物中毒患者の場合、患者入室時における服薬医薬品の解析にもタッチすることがあります。

医薬品情報業務
 病院で使う医薬品の購入と供給、在庫管理、品質管理などを担当します。抗がん剤の厳重監査、麻薬の管理も大切な仕事です。

医薬品管理業務
 病院で使う医薬品の購入と供給、在庫管理、品質管理などを担当します。抗がん剤の厳重監査、麻薬の管理も大切な仕事です。

試験・解析業務
 医薬品は、血液中の薬物濃度をはかり患者さんの体質に適した投与量を設定する必要があります。この業務を治療的薬物モニタリング(TDM)といい、副作用の防止に貢献しています。

治験管理業務
  治験事務手続き、治験審査委員会運営、同意書の管理のほか治験薬の管理を行い、被験者に対する服薬指導も行います。

個人情報保護原則 会社概要 編集部にMail
Copyright© 2007 yakkei.com. All Rights Reserved.