薬学部情報 医薬系学部・学科情報 薬学部入試情報

 ・薬学部とは
 ・各大学の入試日程(推薦)
 ・各大学の入試日程(一般)

 ・国立大学法人の薬学部にリンク
 ・東日本の薬学部にリンク
 ・首都圏の薬学部にリンク
 ・中日本の薬学部にリンク
 ・近畿圏の薬学部にリンク
 ・西日本の薬学部にリンク

 ・薬剤師国家試験とは
 ・薬剤師国家試験の結果
 ・大学院進学と海外留学

 ・薬学部出身者の主な進路
 ・就職指導スケジュール
 ・就職指導・キャリアセンター取材












 保険薬局・ドラッグストアの薬剤師

地域の医療人として治療に貢献する

医薬分業とは
 分業率が60%を超えると、分業率の伸びが鈍化するようだ。診療所や医院がお薬を出したり、近隣に保険薬局がないため外来調剤を分業化できない病院などがあるからだ。
 患者さんにとっては、病院で診察を受けて病院でお薬を受け取って帰宅できるのは便利なはず。それなのに病院ではお薬を出さず、保険薬局に出向いてお薬を調剤してもらう医薬分業が重視されている。
 患者さんが処方せんを「かかりつけの薬局」に持ち込めば重複投与や相互作用などが確認できる。過誤が発見されたら医師に対して疑義照会を行いお薬を変えてもらう。薬物間の相互作用が把握できるし、もし一般薬が必要な場合もそれを含めた服薬指導が可能だ。医薬分業は患者さんを薬害から守るために機能しているのである。

保険薬局の役割
 保険薬局は、病院薬剤部にとっても欠かせない医療機関である。
 病院の中には、「保険薬局の薬剤師さんに助けてもらわなければ病院の薬剤部が機能しない」という薬剤部長がいる。病院薬剤部は、入院調剤や病棟業務などで忙しく、外来患者への対応が十分にできない。そのため、病院周辺の保険薬局の薬剤師の存在が欠かせないというのだ。保険薬局の薬剤師さんにも勉強会に参加してもらい、一緒に成長しようとする活動をしている病院がある。
 保険薬局でもIVHに対応するため無菌調剤室を設置する会社が増えてきた。医療機関としての性格を高めている。
 また各薬局では、「お薬手帳」を作成して薬歴管理を進めており、患者さんの薬を一元的に管理している。

ドラッグストアと面分業
 調剤部門を併設するドラッグストアが増えている。ドラッグストアが調剤薬局を併設しても、採算があう社会環境になってきたのである。
 面分業は、病院や薬局のためにあるのではなく、薬害を防止するなど患者さんのためにあるもの。自宅近くの「いつものドラッグストア」をかかりつけ薬局に選べば、患者さんにとってもメリットが生じる。だからこそドラッグストアが支持を集めているのだろう。

個人情報保護原則 会社概要 編集部にMail
Copyright© 2007 yakkei.com. All Rights Reserved.