薬学部情報 医薬系学部・学科情報 薬学部入試情報

 ・薬学部とは
 ・各大学の入試日程(推薦)
 ・各大学の入試日程(一般)

 ・国立大学法人の薬学部にリンク
 ・東日本の薬学部にリンク
 ・首都圏の薬学部にリンク
 ・中日本の薬学部にリンク
 ・近畿圏の薬学部にリンク
 ・西日本の薬学部にリンク

 ・薬剤師国家試験とは
 ・薬剤師国家試験の結果
 ・大学院進学と海外留学

 ・薬学部出身者の主な進路
 ・就職指導スケジュール
 ・就職指導・キャリアセンター取材












 薬剤師になる

6年制薬学科の教育

 薬学教育は、薬剤師国家試験で出題される試験分野に沿って行われてきました。6年制の薬学教育はモデル・コアカリキュラムに沿って組み立てられているため学ぶ項目は同じです。

各学年の学び

1年次
 薬学を学んでいくうえで必要な基礎科目が配置されています。薬学概論や無機化学、有機化学、生物学など基礎科目は重要な科目です。
 有機化学は国家試験にも通じる大切な科目です。1年次にこれら基礎科目の教育を徹底的に行う大学は安心感があります。

2年次
 専門基礎科目で構成され、専門的な科目が増えます。実習教育も本格化し、化学系実習や生物系実習、物理系実習などに取り組みます。午前は教室で講義、午後は実習という大学が多いでしょう。

3年次
 薬理学や免疫学、医薬品製造学、製剤学など薬学の専門科目を学ぶ学年です。実習教育も実践的な内容になり、座薬や軟膏を作るなど薬学の実習らしくなります。
 4年制と6年制の一括募集をした薬学部の中には、3年次の前期終了時または3年次の後期(4年次進級時)に学科分けを行うようです。学科分けを成績で行う大学もあるので注意してください。

4年次
 事前実務実習を中心とした学びです。製剤学実習、物理薬剤学実習、生物薬剤学実習などの基礎の上に、OSCEで課される「散剤調製」「水剤調製」「調剤鑑査」「注射剤混合」「患者応対」「服薬指導」に対応した実習を行います。
 4年次の終わりにCBTとOSCEを受験。合格者は、5年次に進級します。
CBT (Computer Based Test 知識の評価)
OSCE (Objective Structured Clinical Examination 技能・態度の評価)
OSCEの評価課題
@散剤調製  A水剤調製  B調剤鑑査
C注射剤混合 D患者応対  E服薬指導

5年次〜6年次
 実務実習は、病院実習、薬局実習ともそれぞれ2.5ヶ月(11週)ずつ行います。大学によって5〜6年次のカリキュラムが異なるようです。代表的なものは次の3つでしょう。
@「卒業研究」にあてる
A希望進路に合わせた教育を提供する(アドバンスト教育)
B薬剤師国家試験の準備にあてる

薬剤師国家試験
 6年次には卒業判定が行われます。原則として卒業要件(成績など)を満たしていれば卒業が認められます。卒業証書を受けた者が薬剤師国家試験の受験資格を得ることになります。
 薬剤師国家試験に合格した受験者に薬剤師免許証が交付され、薬剤師としてのキャリアをスタートさせます。

 

 

個人情報保護原則 会社概要 編集部にMail
Copyright© 2007 yakkei.com. All Rights Reserved.