TOPICS

TOPICS 高校での推薦による入学を希望する場合の注意事項

 6月に入ると、各高校では進路指導部の先生より「進路のしおり」といわれる様な冊子を渡され進路について本格的に、ご両親や担任の先生さらには塾の先生と相談することが行われ始めていることと思われます。まず始めに検討するのが推薦入試の資格などのについてではないかと思いますので、その注意すべき点をまとめてみたいと思います。
 推薦入学は、学校長などの推薦に基づき原則として調査書・推薦書などの書類審査だけで入学者を選抜する方法ですが、最近ではほとんどの大学で書類審査のほかに小論文や面接または学科試験も課するようになっています。その理由としては、推薦入学志望者の増加もさることながら、推薦入学者選抜のベースとなる調査書に学校間格差があることによります。
 募集形式は大きく分けて、公募制と指定校制の2通りがあります。公募制の場合は、全国どこの高校でも大学側が提示する推薦条件を満たしていれば出願できますが、指定校制の場合は、在籍高校が志望する大学からの指定校になっていなければ、たとえ条件を満たしていても出願が出来ませんので「進路のしおり」の中に自分が志望する、大学の学部があるかどうか注意が必要です。
 推薦入学者選抜の場合、学校長から推薦されれば必ず入学を許可されると思いがちですが、合格率は以外に低く、決して安易に合格とはならないので志望校の選択は慎重に行いたいところです。