薬学部とは

 医薬に関する医療従事者などを養成します。
 保健医療系の学部は、医学部が医師を、また看護学部が看護師を育成するように教育と将来の職業が関連しています。
 薬学部には、薬剤師育成と医薬研究の両面を担ってきた歴史があります。そのため薬剤師国家資格の取得を目指す6年制学科と、創薬研究者などを目指す4年制学科が設置されています。
 薬剤師法第1条「薬剤師の任務」には、
 「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする。」とされています。薬剤師資格がなければ調剤などの業務を行うことができません。
 薬剤師を目指すには、6年制学科で学び国家試験に合格しなければなりません。
 また薬学部が担ってきた創薬や衛生薬学などの教育は4年制の薬科学科に引き継がれました。4年制学科を卒業後、大学院で研究力を養って研究職、アカデミア(研究者)の道をめざすことができます。
 目指している職業に必要な学び、資格などで学科を選択してください。