大学院進学と海外留学

大学院と海外留学

 薬学教育には、6年制と4年制の学科があります。
 4年制学科の学生は、創薬研究などを目指す人が多く大学院進学して研究を続けるケースが多くなります
 将来、製薬会社の創薬研究者や国公立の研究機関、大学教員など目標をもって学び、研究を続けます。
 中には、より高度な研究活動を求めて海外留学する学生がいます。研究室の中には、海外のラボと提携して学生の留学の道を確保する教授もいます。目的に応じた学びが達成できる大学選びが肝心です。
 これまで4年制学科出身の修士修了者に薬剤師国家試験受験資格が与えられる制度がありましたが、経過措置が終了しました。薬剤師を目指す人は6年制学科に入学してください。

 6年制学科の出身者の大学院進学は、4年制の博士課程になります。学部入学から10年という在学期間になるため大学院進学を希望する学生は少なく、各大学は大学院進学の促進をはかっています。
 6年制学科出身者は、薬剤師資格を持っているため大学院では臨床研究などを可能にしています。また薬学部教員に薬剤師資格を取得している先生が減少していきます。
 言い換えれば薬剤師資格を持つ教員は希少な存在になっていきます。また臨床経験から臨床が抱える課題を見つけることができます。また患者さんとのコミュニケーションの中で創薬ニーズをつかむことができます。
 薬剤師資格を持つ創薬研究者も貴重な存在です。