薬剤師国家試験ランキング

2020.11.17 各薬学部の第105回薬剤師国家試験の成果をグラフにしてみました。

グラフの構成が、受験者数・合格者数・内新率合格者数が接近しているほど新卒での薬剤師国家試験合格が望めることになります。
国公立大学は、いずれも優秀な結果を残しています。
私立大学では東邦大学、北里大学、慶應義塾大学、東京理科大学、星薬科大学、明治薬科大学、名城大学、京都薬科大学、近畿大学、神戸薬科大学などがいい結果を残しています。
中でも名城大学は、受験者254名のうち合格者が235名(うち新卒220名)。92.52%の合格率は金沢大学に次ぐ好成績でした。
また東京薬科大学や京都薬科大学のように多くの学生を抱えながら薬剤師国家資格に導く大学の存在も見逃せません。


一眼でわかる国試合格率・ストレート率の高い薬学部