就職指導スケジュール

 経団連の就職ルールの見直しから就職協定がない状態になりました。
 各薬学部は、実務実習が4期制になったことから就職ガイダンスを1カ月前倒しするなどの対応を取っています。
 製薬企業への就職は一般企業と同様のスケジュールで展開します。インターンシップを中心とした採用活動になるでしょう。
 病院の採用は、企業よりも遅いのですが、数年前と比べると早期化しています。就職活動の中心は、6年次の5月から7月に多くの求人票が寄せられます。6月は求人票が寄せられるピークです。