研究室紹介

 薬学部は医薬に関する教育と研究を行う場です。
 教育と研究は車の両輪のように密接な関係にあります。
 薬剤師の実務教育の加えて、創薬研究や衛生薬学の研究などに触れることは、将来の薬剤師としての仕事の中で必ず役に立つでしょう。
 例えば専門薬剤師になるとき、臨床現場の問題点や医薬に関する課題などをテーマにした「研究論報」の提出が求められます。提出する2報のうち1報はあなた自身が主発表者である研究でなければなりません。
 病院内の感染症対策にあたるにも、専門知識をもってあたるのが薬剤師。研究力を身につけていることは将来のあなたを助けることになります。
 先日取材した調剤薬局(セガミ薬局)の薬局長さんは「私たち薬剤師は、医薬品の適切な情報をもち、患者様の健康や薬害防止に責任を持たなければなり ません。そのためには情報や教育が必要です。また大学時代に培ったバックボーンも生きています。私は大学院で薬物代謝を研究しました。肝臓や心臓の機能、酵素の働きなどの知識が相互作用を判断するものになっています。調剤薬局で業務を進める上でも役立っているのです。大学で学ぶ知識、研究を大切にして下さい」と話していました。この薬剤師さんは、学会発表も積極的に行っています。
 大学の研究室でどんなことが行われているのか取材記事を通して感じ取ってもらえればと思います。