薬学部のキャンパス

慶應義塾大学薬学部

充実した大学生活を送る

基礎課程1年次は日吉キャンパスで学びます

 就職率、ストレート卒業率・ストレート薬剤師国家試験合格率それぞれが高い実績を誇り、優秀な学生で構成されていることを示しています。
 基礎課程1年次は日吉キャンパスで学びます。他学部の学生との交流もあり、また伝統豊かな総合大学ですから充実した大学生活を送ることができるでしょう。

薬学部キャンパスは、港区芝公園の「芝共立キャンパス」

 薬学部のメインキャンパスは、港区芝公園の「芝共立キャンパス」です。合併前の共立薬科大学の校名をキャンパス名に残しています。「芝共立キャンパス」は都心部の大学の中でも「超」がつくほどの都心型キャンパスです。
 羽田空港からモノレールで都心部に向かうと、その到着駅「浜松町」でJR線や都営地下鉄線などに乗り換えます。この「浜松町駅」が「芝共立キャンパス」の最寄駅です。
 「JR浜松町駅」から徒歩約10分、都営地下鉄大江戸線「大門駅」から徒歩約6分。さらに都営地下鉄三田線「御成門駅」から徒歩約2分という便利な立地。
 隣は港区役所、正面には東京プリンスホテルや芝増上寺があるという環境です。

芝共立キャンパス

 この芝共立キャンパスは、共立薬科大学という単科大学があったところ。コンパクトなキャンパスは3つの校舎で構成されています。
○1号館
 学生課などの事務局や学生ホール、体育館などがあり屋上からはビジネス街や東京タワーを見ることができます。
○2号館
 講義室や実習室があります。
○3号館
 研究室やセミナー室、薬学メディアセンターなどがあり、駐車場側に付属薬局が設置されています。付属薬局は、実習に使用するためゆとりを持ったつくりになっています。
○浦和共立キャンパス
 薬用植物園やグラウンドが設置されています。

「医療系三学部(医学部・看護医療学部・薬学部)合同教育

 慶應義塾大学の特色の一つが「医療系三学部(医学部・看護医療学部・薬学部)合同教育。350名の医療系学生が一緒に学びます。2011年にスタートしたIPEプログラムは初期・中期・後期教育で構成されます。
○初期教育 1年次に日吉キャンパスで行われます。
○中期教育 薬学科4年次の秋に湘南藤沢キャンパスで行われます。
○後期教育 薬学科6年次に信濃キャンパスと芝共立キャンパスを使って行われます。