薬学部のキャンパス

昭和薬科大学

ストレート卒業率80%レベルを継続し続ける!

昭和薬科大学の魅力の一つ。 聖マリアンナ医科大学との多職種連携教育!

 昭和薬科大学はストレート卒業率80%レベルを維持しています。就職率も90%以上を維持し、2019年3月の卒業生は99.0%でした。就職指導に力を注ぐ薬学部ですから、その成果が表れています。
 昭和薬科大学は、単科大学ですが聖マリアンナ医科大学と提携関係にあります。医学部の施設に昭和薬科大学の施設も設置されるほど。その関係でチーム医療教育も充実しています。
 例えば「医療における多職種連携協働およびチーム医療の意義」の学習を目的に連携教育が行われています。IPE教育を医学部生・薬学部生の4年次の学生を対象に昭和薬科大学キャンパスと聖マリアンナ医科大学キャンパスで行っています。
 また就職ガイダンスで、聖マリアンナ医科大学附属病院の薬剤部長先生が「これからの病院薬剤」について講演されるなど他では得られない情報にも触れることができます。
 IPEは杏林大学医学部、東京大学医学部とも連携しており、より充実した教育が期待されています。

昭和薬科大学の魅力の一つ。 緑豊かな環境!

 昭和薬科大学のキャンパスは、東京都町田市にあります。かつて東京都世田谷区にありましたが、都心の校地を売却して町田市に広大なキャンパスを購入・設置したものです。丘陵を利用したキャンパスは緑豊か。
 正面玄関から進むと本館に到着。ここに入試課や就職指導を担当する学生課・CSSなどがあります。左の校舎には体育館や武道場があり、本館の右に講義棟、実習棟、研究棟と並びます。これら全ての校舎を一直線で結ぶ長〜い連絡通路。これはすごいです。
薬学科

通学ルートは4つ

 昭和薬科大学のホームページを参考にすると、通学には4つのルートがあります。
①小田急線「玉川学園前駅」下車、徒歩約15分とバス利用約15分
玉川学園前駅から徒歩
玉ちゃんバスの利用
②JR横浜線「成瀬駅」からバス(約5分)、「観性寺前(かんしょうじまえ)」下車(徒歩約10分)
③小田急線・JR横浜線「町田駅」から成瀬台行バス(約10分)、「三ツ又」下車(徒歩約10分)
④小田急線・JR横浜線「町田駅」から昭和薬科大学行のバス(1時間に1本程度)
 小田急線(小田原線・江ノ島線)を利用する人は①が多いようです。駅から徒歩で通えば交通費の負担が軽くなります。湘南方面や小田原方面からの通学が容易です。
 この他に、玉川学園前駅南口を起点に昭和薬科大学方面に向かう玉川学園コミュニティバス「玉ちゃんバス・東ルート」があります。住宅街を縫うように走るので時間はかかりますが、時間があれば利用してもいいでしょう。昭和薬科大学正門前のバス停「昭和薬科大学」で下車してください。