薬学部のキャンパス

大阪医科薬科大学

大阪医科薬科大学が誕生!

アクセス

JR京都線「摂津富田」駅または阪急京都線「富田」駅下車
高槻市営バス「JR富田駅」より4番乗場から「大阪薬科大学」行または「公団阿武山」行きに乗車、 所要時間約15分 「大阪薬科大学」下車
※「大阪医科薬科大学」移行後のバス停名称は未定です。

高槻市営バス4番に向かう

○JR京都線「摂津富田」駅の利用。

 改札は1箇所です。改札口を出て右手・北口の階段を下り、降りてすぐ右に曲がると高槻市営バス4番乗り場があります。一番奥の乗車口から続くベンチに乗客が座っています。先頭から順に座るのがルールですから最後尾に座って待ちましょう。

○阪急京都線「富田」駅の利用。

 北出口から線路沿いに高槻市方面に進み、商店街に出たら左方向に進みます。
 JR摂津富田駅の下を通るガード(「市営バス乗り場」の表示)をくぐります。右手に、「摂津富田」駅北口階段が見えますから、その先の高槻市営バス4番乗り場に向かってください。

「大阪薬科大学」で下車

 正門から守衛室方向に向かいます。右手に階段が現れ、この階段を上ったところにあるのがD棟です。
薬学科

○D棟

 事前実務実習施設や学生ラウンジ、講堂、セミナー室、自習室などがあります。
 学生ラウンジにはコンビニエンスストアもあり、毎日の生活の中心になるでしょう。

○A棟

 守衛室の先にある丸味のある建物がA棟です。
 1階には学生課や教務課、入試課、健康管理支援室などの事務部門があります。
 入試課を訪問する際は、エントランスから左方向に進んでください。

○C棟

 A棟を右に進むとC棟があります。
薬学科
 C棟には教室やセミナー室があり、1階には学生ロッカー室があるため毎日利用する施設になります。ロッカー室の向かい側にキャリアサポート課があり就職・キャリアの相談・指導にあたっています。

○B棟

 B棟は高い位置にあるため、C棟3階の連絡通路を利用します。
 B棟には、RI研究施設、研究室、共同研究センター、サテライト共同機器室などの研究施設があります。卒業研究を行うようになると日々利用する施設です。

○体育館

 C棟の先にあるのが体育館です。

○大学会館

 体育館右の建物が大学会館です。ここに2つの学生食堂があります。

大阪医科薬科大学誕生

 2021年に医学部・薬学部・看護学部を擁する医療系総合大学として「大阪医科薬科大学」が誕生。
 キャンパスを語る上で欠かせないのが多職種連携教育(IPE)です。医療系総合大学のメリットを生かして、医師から実践的な講義を受けたり、臨床と深く関わることができる環境は魅力です。
 大阪医科薬科大学医学部のキャンパスはお隣の「JR高槻駅」、阪急「高槻市駅」のそばですから教員や学生のキャンパス移動が容易です。学内の医学部・看護学部・薬学部が連携し、医・薬・看の多職種連携教育を行う近畿圏私立大学で初めての薬学部になります。