先輩(薬学生)紹介

京都大学 森本 涼太さん

志望理由を教えてください。

 高校で企業の方の講演がありました。製薬企業から来られた研究者の方の話からスケールの大きい仕事であることを知りました。化学が好きな私にとって夢を追うことができる仕事だと感じています。それが薬学を知ったきっかけです。
 一流の研究者を目指すのであればレベルの高い研究ができる京都大学がふさわしいと第一志望に設定。京都は一度住んでみたい街でもありました。京都大学は魅力ある大学です。その魅力を頭に入れながら、目標に向かって受験準備してください。

実際に学んでみてどうですか。

 1回生の時に京都大学医学部付属病院の薬剤部を見学しました。夏休みには医師の後ろについてまわる演習もありました。京都大学は、臨床に関する教育も充実しています。
 京都大学薬学部にはグループ担任制度があり、勉強のことや生活についてサポートしていただけます。1年次から3年次の間、一人の先生が10人くらいの学生の面倒をみてくださり、私もお世話になりました。

 今は、研究室の教授などスタッフの皆さんのお世話になっています。薬剤学などの学科の授業も研究室での研究活動もどちらにも意欲を持って励んでいます。

現在の様子を教えてください。

 私は、薬学科で学んでいますが、創薬研究の中で臨床経験が必ず生きると思います。臨床現場を知る創薬研究者が目標です。今は大学院博士課程の進学を希望しています。製薬会社の研究者のほかアカデミックにも興味があり、焦らず大学院の4年間で進路を考えていきます。