先輩(薬学生)紹介

京都大学 田村 美帆さん

薬学部の志望理由を教えてください。

 小中学校時代、ドラッグストアの白衣姿の薬剤師さんがカッコ良く見えて憧れていました。高校時代に大学のオープンキャンパスに参加したり、薬学部の教育内容を調べていくうちに研究職に興味が移りました。研究者になって優秀な薬を創り、たくさんの人の生命を救いたいと考えるようになったのです。
 研究に専念するなら4年制学科、そして研究職を目指すならトップの薬学部である京都大学で学ばなければと考えました。レベルの高い大学であれば、研究設備など環境が整っていると考えたからです。
 高校は進学校ではなかったのですが、京大に行きたいという目標に向かって頑張った結果合格できました。

実際に学んでみてどうですか。

 京都大学で学ぶ学生は意識が高く、一緒に勉強していくうちに成長していく自分を感じます。自由度が高く、受けたい授業を選択することができます。
 例えばiPS細胞で有名な山中先生の授業を受けることもできます。色々な学部の学生と知り合いになれるなど総合大学の良さを感じています。

卒業研究の内容を教えてください。

 研究室を選んだのは3回生の実習の時でした。天然物化学の研究室は、生物と化学、細胞レベルの実験など色々な視点で研究ができます。他にはない特色がありました。今は実験を進めるための基礎的な作業について教えてもらっています。

希望進路を教えてください。

 入学当初からの目標である製薬企業の研究者を目指しています。