TOPICS

2019.05.01 親子で考えるいい大学とは・・・

<大学案内やホームページ、さらにはオープンキャンパスに参加>
 各大学の教育への取り組みや経営方針などの教育理念を知りたい場合は、ホームページや大学のパンフレットなどを見るのが最も解りやすく近道です。さらにくわしい情報を入手したい場合は、各大学に直接問い合わせれば応えてもらえます。
 ただどうしても、文章で書かれている雑誌やパンフレットだけでは、なかなか実感できないといったことも事実ではないでしょうか。そこで活用したいのがオープンキャンパスです。土・日曜日や夏休みなどを中心に、キャンパスを受験希望者に開放し、最近では数多くの大学が盛んに取り組んでいます。その内容は各大学によって異なりますが、施設・設備の見学、模擬講義の受講、昨年度の入試問題解説などのイベントが実施されるほか、教職員や在学生が個別に相談に応じてくれることが最も一般的となってきています。
特に最近では、保護者を対象とした相談コーナーを設ける大学もかなり増えています。大学の生の雰囲気を体感する絶好のチャンスです。志望校が決定した人も、迷っている人も、まずはオープンキャンパスに是非参加してみてはいかがでしょうか。

<第三者機関の評価を参考にする>
 現在の大学は、大学基準協会、大学評価・学位授与機構など、第三者の認定評価機関によって、大学としてふさわしい基準を満たしているかどうか、客観的な評価を受けることが義務づけられています。各大学では、ホームページなどにその評価報告書を掲載していますので、それを読めば、教育の取り組み、これからの課題などを知ることができます。
 また、各出版社や予備校の出版物を参考にするのも手でしょう。それぞれに工夫が凝らされており、さまざまな視点からのランキングが行われていますから、偏差値以外の「実力」を知ることが可能です。弊社も6月下旬発行予定で「薬系進学(情報誌)」を現在、鋭利作成中です。是非参考にしてみてください。