TOPICS

2020.10.07 「全薬学部を徹底紹介」の「就職実績」データを更新中です。

国公立大学をはじめ就職先の傾向が変化しています。患者に寄り添った医療が推進され、薬剤師業務も「モノ(薬)」から「ヒト(情報)」
への対応と移行していきます。「チーム医療」が病院だけでなく地域医療でも強化されます。調剤薬局などへの就職がより一層増加していくでしょう。
また薬学部で学ぶ学生の中には一定数ですが研究・開発をめざす人がいます。大学の就職実績から企業就職が多い薬学部を確認することができます。研究職をめざしたキャリアプランが実現しやすい薬学部をみつけてください。
国立大学薬学部と公立大学薬学部はデータ更新が終わりました。私立大学既設薬学部も一部を除いて更新しています。40薬学部を更新し、残る32薬学部も順次更新していきます。志望校の就職実績にも注目してください。