大学情報

明治薬科大学

新時代を迎えた薬学教育を見据えて実践的なカリキュラムによる教育を展開

明治薬科大学

●大学の概要


建学の精神

薬学の普及と社会に有用な薬剤師を養成し、
医薬分業を実施し、もって国民の保健衛生へ貢献する。

大学の理念

ソフィア(純粋知)とフロネシス(実践知)を兼備えた人材を育成する。

大学の教育目標

薬物治療に責任を持てる薬剤師を養成する。
強い探究心と洞察力を持つ、独創的発想力豊かな人材を育成する。
柔らかな心と豊かな人間性を持った国際的に通用する薬学人を育成する。
明治薬科大学HP 大学の概要

実践的な医療薬学教育から研究まで幅広く網羅した薬科大学
「生命」という壮大なテーマのもとで、つねに進歩をつづける薬学。

 明治薬科大学は、刻々と変化する医療環境に応えるために、薬学科(6年制)と生命創薬科学科(4年制)の2つの学科を併設し、それぞれに特色のある独自のカリキュラムを展開しています。
 創立117年の伝統校として薬学の歴史にその名を刻み、医療のスペシャリストを数多く輩出しています。薬学に対するその情熱と実績をもとに、これからの医療現場で期待される医療人の育成をめざしています。

●学科紹介

薬学科/6年制

 薬学科の教育目標は、医療技術の高度化、医薬分業の進展などに伴う医薬品の適正使用といった社会的要請に応える医療の担い手としての質の高い薬剤師の養成にあります。実践的な薬物治療学やコミュニケーション能力を育成するための充実した臨床実習を通して、様々な医療の現場で活躍し、信頼される薬剤師の養成をめざします。

Point①
豊かな人間性と倫理観を育む教養科目の充実

 薬学科では、人文社会学や外国語の科目を数多く配置。専門科目と合わせて学び、現代の医療人に求められる豊かな人間性と倫理観を養います。

Point②
初年次から医療現場で学ぶ、教育プログラム

 医療現場を体験するプログラムを1年次から実施します。薬剤師をはじめとした専門職の仕事に早期に触れることにより、6年間の学習のモチベーションを高めます。

Point③
希望進路に合わせて実践力を身につける7コースの独自研修カリキュラム

 薬剤師への多彩な人的ニーズに応えられるよう、長期実習を中心とした7コースの独自研修カリキュラム(病院・薬局・治験業務など)を5年次に用意。将来の目標に合わせて高度な専門性を身につけます。
薬学科/クリーンベンチ

将来の希望や進路に即した長期の実習。
充実した臨床教育で医療人としての薬剤師を育成します。

臨床業務のための薬物治療学、症例解析演習

 症例解析演習は、薬物治療に関する知識の強化と、長期実習前の事前教育を目的とした科目です。授業で学んだ有機化学、薬物動態学、調剤学、医薬品情報学、薬物治療学などを総合的に用いて、高血圧や糖尿病などの症例に対する最適な薬物治療計画の立案を試みます。模擬患者さんのデータを基に小グループで学生自身が調査、解析、発表します。さらにはディスカッションも活発に行います。

少人数ゼミで個別指導

 4年次に教室・研究室に所属し、個別指導による少人数ゼミによって、科目実習では得られない問題探求 型の実習を実施します。この期間に、5年次のコース選択や国家試験、進路選択について気軽に相談できる人間関係を担当教員と築くことも重要な目的です。また5年次の独自のコース毎に少人数ゼミを開きます。

必修の社会保障・薬剤経済

 これからの薬剤師には、社会保障制度・薬剤経済などの社会薬学的な視点が必要です。厚生労働省出身の専任教員などにより社会保障・薬剤経済に関する科目を必修カリキュラムとして設定しています。

医療コミュニケーション学・演習

 これからの薬剤師には、従来の調剤業務だけでなく、薬物治療における重要な責任者としての役割が求められています。そこで必要不可欠なのが、医療コミュニケーション・スキルです。本学では、いち早くそのトレーニングを6年制カリキュラムに取り入れ、様々な患者さんの実際の状況を想定した演習を実施します。臨床心理学的な理論に基づいた手法で、薬物治療に貢献します。
薬学科/カウンター

実習先の医療機関が充実

 本学では、薬学教育6年制移行に先がけて、大学院臨床薬学専攻で1年間の長期臨床研修、学部では病院・薬局実習を必修科目として実施しています。そのため、6年制教育でのコース特別演習等の実習先は、調整機構による実習施設のほか、従来から連携している研修・演習先を中心に、下記の施設と提携を結んでいます。
○病院
順天堂大学医学部附属順天堂医院 東京女子医科大学病院 日本医科大学付属病院 千葉大学医学部附属病院 自治医科大学附属さいたま医療センター 筑波大学付属病院 東京慈恵会医科大学附属病院 獨協医科大学越谷病院 榊原記念病院
○薬局
薬日本堂 日本調剤 クラフト ファーコス アイセイ薬局 スギ薬局
明治薬科大学HP 教育内容の紹介

▶7コース独自研修カリキュラム[5年次]

知識を実践力のレベルに高める

 5年次の実務実習(病院と薬局計22週間)に加えて、学生の多様な進路に即した教育を実践する「7種類の特別コース」を設置。
 「将来の目標に合わせて学ぶことが出来る」教育を実現しています。
 病院薬学コースと地域医療コースは、アドバンスト教育としてとも機能しています。

病院薬学コース

病院で活躍する臨床薬剤師を養成

 約5か月間、臨床現場での薬物治療から生きた臨床薬学を学ぶ「病棟業務」を実習します。週4日は病院で実習して週末は大学で少人数ゼミを行います。そこで薬物治療上の問題を討論し、解決への糸口を見つけます。

地域医療コース

地域に根差した薬局薬剤師を養成

 健康管理全般にわたるアドバイスができる薬剤師を育成します。コース独自の長期実務実習により在宅医療やセルフメディケーションなどを学びます。

臨床開発コース

治験がわかる薬剤師を養成/臨床開発研修(治験業務)

 製薬企業などの臨床開発職、医療機関の臨床試験(治験)コーディネーターなどの業務の学習を通じて、薬剤師に必要な知識・技術・態度を習得します。
 臨床試験を手本に問題解決能力を身につけた薬剤師を目指します。

健康薬学コース

保健衛生分野で活躍する薬剤師を養成/衛生試験所、食品企業、環境保全研究機関などで実習

 環境衛生、食品衛生、疾病の予防、薬事行政など保健衛生分野で活躍する薬剤師を育成します。保険衛生関連の技術・技能、試験法の原理と意義、そして検定業務の実際を習得。問題解決能力を養います。

伝統医療薬学コース

漢方専門薬局での研修し、漢方やハーブに強い薬剤師を養成

 伝統医療を含む幅広い医療サービスが提供できる薬剤師を目指します。 漢方専門薬局を中心に、鍼灸やアロマテラピー実施施設、漢方関連企業、薬用植物園などでの学習や実習を通じて伝統医療を学習します。

薬学研究コース

研究マインドを持った薬剤師を養成

 病院・薬局実習の経験の中から自ら見出した問題や、自分の興味のある課題に取組みます。 研究を経験する事によって、前向きに探求する態度と必要な技術を身につけます。

海外医療研修コース

海外提携校への短期留学/国際感覚を身につけた薬剤師を養成

 海外(カナダ・イギリス・タイ)で実務研修を行うことで、国際感覚のある薬剤師を目指します。英語能力のレベルアップ講座と約2か月間の海外での実務実習、および体験報告から構成されています。英語能力が必須であるため、英語検定(TOEFL)の受験と一定レベルが求められます。
明治薬科大学HP 特色ある教育の紹介

●学科紹介

生命創薬科学科/4年制

 生命創薬科学科の教育目標は、生命科学と創薬化学の確かな基礎学力と研究能力を身につけ、問題提起及び解決を図ることのできる人材の育成です。早期から大学院との連携を図った教育カリキュラムにより、生命科学と創薬にかかわる研究者、専門技術者の育成をめざします。

Point① 大学院と一体化したカリキュラム体系

 研究者としての高度な技能を修得するため、4年次に大学院の科目を履修できる制度を用意。大学院進学に向けた指導もきめ細かく行っています。

Point② 少人数の行動型授業によるきめ細かな指導体制

 4つの研究室(生命科学系・創薬化学系)をローテーションする「薬科学総合実習・演習」をはじめ、少人数の行動型授業をカリキュラムに採用。密度の濃い教育で研究能力を着実に身につけます。

Point③ 医療、衛生科目も多数開講

 医薬品と病気の関係、環境、食の安全などを学ぶ医療、衛生科目を低学年から開講。講義とともに実習も行い、医療・医薬の幅広い職場で通用する力を養います。
生命創薬科学科/学生実習
生命創薬科学科/4年制の紹介

○特徴

大学院と連動した研究体験を通して、
医療に貢献する創薬の研究者・専門技能者を育成します。

授業科目は大学院と連動

 学部在籍時から大学院と連携して、生命科学や創薬に携わる研究者の養成を目指した教育を展開します。3年次の総合実習や4年次の卒業研究を、大学院の教育と連動させ、大学院での研究・専門性につなぎます。

少人数制の演習スタイル

 物理化学、有機化学、生化学、薬理学などでは、少人数の演習スタイルを取り入れ、基礎知識の理解を確実にします。4年次の卒業研究もマンツーマンに近い体制で、研究姿勢、語学力まで総合的に学びます。

充実した研究体験

 3年次から生命科学系研究室と創薬化学系研究室に配属され長期実習を行います。
 4年次の卒業研究では、1つのテーマに取り組み、専門分野の知識、技能を修得。探究心や論理的思考力、洞察力を伸ばし、プレゼンテーション能力も養います。

医療薬学系科目も充実

 将来を見据えた多様な就職分野への対応を図るためのカリキュラムを実施しています。

大学院進学へのサポート体制

 研究職を目指す学生に対し、早くから大学院への指導を積極的に行います。大学院への進学希望者には、3年次から指導を始めて、より多くの学生が大学院推薦入試で合格できる体制を整えます。
生命創薬科学科/学生実習
明治薬科大学HP 研究体制の紹介

高度な研究を支える設備


研究設備/機器分析センター

 先進の大型機器を揃え、専用の空調設備を設置するなど、精密分析に必要な環境を備えた研究サポート施設です。
明治薬科大学HP 機器分析センターの紹介

アジア・アフリカ創薬研究センター

 タイ、インドネシア、インドの拠点機関と共に、その研究課題「亜熱帯生物由来天然物を創薬シードとする医薬品開発研究」に関する様々な薬学基礎研究を展開しています。
明治薬科大学HP アジア・アフリカ創薬研究センターの紹介

認知症創薬資源研究開発センター

 文部科学省・私立大学戦略的研究基盤形成支援事業は、大学が独自の研究戦略に基づき先端的研究を実施するために必要な研究基盤の形成を支援する競争的研究資金助成制度です。
 認知症創薬資源研究開発センター研究事業「認知症克服を志向する天然物創薬研究拠点の形成」が、平成27年度私立大学戦略的研究基盤形成支援事業(5ヶ年計画)として選定されました。
明治薬科大学HP 認知症創薬資源研究開発センターの紹介

●教育環境

IT教育環境

 学生の情報教育に力を注ぐためIT教育環境を整備して、情報処理演習を必修科目にしています。明治薬科大学教育環境ネットワーク(Meiji Yakkadaigaku Educational Environmental Network=MYEDEN)と呼ぶ、学内ネットワークには有線LAN・無線LANを設置し、全学生と教職員がいつでも・どこからでもインターネットができる環境を整えています。
1.学内ネットワーク(ネットワーク基盤)
2.インターネットと電子メール
3.マイポート(明薬ポータルサイト)
4.マルチメディア講義室
5.CALL教室(Computer Assisted Language Learning)
6.MBI研究会(Multimedia Based Instruction)
※詳細は下のリンクをご覧ください。
明治薬科大学HP IT教育の紹介

キャンパス/施設

 緑に囲まれた広大な敷地に最先端の実習・研究施設はもちろん、学生が憩うアメニティスペースや図書館など、学生生活を満喫するための施設・設備が充実。すべての校舎に無線LANのアクセスポイントを設置し、学内のどこからでもインターネットを利用できる環境が整っています。  また、モデル薬局や調剤室などの事前実務実習を行うための実習施設「総合教育研究棟フロネシス」が整備されているほか、「附属薬局」も教育・研修施設としての役割を担っています。
附属薬局

●総合教育研究棟フロネシス

 モデル薬局や調剤室といった事前実務実習を行うための設備や、最先端の研究を支える設備を備えた教育研究施設です。最新のIT環境に対応した大講義室や少人数で講義を行うセミナー室、学生の自習室も完備し、学生のアメニィティスペースとして軽食ラウンジも備えています。
フロネシス 講義室

○モデル薬局

 総合教育研究棟フロネシスの3階には、モデル薬局を中心に、散剤・水剤・錠剤・注射・無菌調製の各調剤室、鑑査・病棟服薬指導室、準備室が設けられ、いずれの室も廊下よりガラス越しに実習風景が見える開放的で明るい空間になっています。
明治薬科大学HP キャンパスガイド

学生サポートも充実

 日常生活や健康、住まいの相談やカウンセリング、アルバイトの紹介など学生サポートも充実しています。
明治薬科大学HP 学生サポート

「明治薬科大学女子寮せせらぎ」

 同級生や上級生との交流を促進する良質な住環境を提供することにより、一人暮らしを始める学生の不安を軽減するとともに、大学という高度な学びのステージへの早期適応を支援する教育寮として2016年春に開設しました。大学から約3分の立地に、個室とシェアユニット(4個室+共有ラウンジ)の2つの部屋タイプを設けた、60名定員の女子寮です。
「明治薬科大学女子寮せせらぎ」

●就職

 学生に対する直接のキャリア支援はキャリア支援課が担当しています。
 1年次から体験学習や実習を通して将来を見据えたキャリアを形成できるようにしています。キャリアガイダンスや企業および薬局の合同セミナーなどの就職支援プログラムや教職員・卒業生の親身な支援で一人ひとりの夢をしっかりサポートします。

point 01 教職員の親身な支援

 学生の希望に応えて就職活動をサポートしています。
 進路就職支援委員会が中心となり全面的にバックアップ。卒業研究・実習の担当教員やキャリア支援課と学生との強い信頼関係により、 全国トップクラスの就職率を誇っています。学生に対する個別指導などきめ細かな支援体制が特色です。

point 02 就職支援プログラム

 進路就職支援委員会が各学年に応じた様々な就職支援プログラムを企画し、入学時より就職活動をサポートします。

point 03 個別相談

 個別相談を重要視しているため、学生からの就職相談はいつでも即時に対応しており、全学を挙げてのきめ細やかなサポート体制を築いています。

point 04 豊富な就職関連情報

 4年制および6年制の学科では4年次に全員が研究室に配属となります。研究室所属の教員、大学院生、研究室のOB・OG等、多方面から就職関連情報の収集とサポートが受けられます。

point 05 明薬会(同窓会)との連携

 在学中の大学と学生との信頼関係は、卒業後も強い絆を育み、各業界で活躍する卒業生による後輩への就職相談といったサポートにつながっています。
 各業界で指導的立場に立って活躍されている多くの卒業生とのネットワークが本学の高い就職率につながっています。
就職分野・薬学科 就職分野・生命創薬
明治薬科大学HP 就職支援
明治薬科大学HP 就職支援

薬剤師国家試験

 薬剤師国家試験合格のためのサポートも万全。試験対策や個別指導、自学学修システムなど、きめ細かな指導で合格へと導きます。
 特に新卒者の合格率は、第97回から第105回(第99回を除く)まで90%以上の高率を誇り、毎年全国平均を上回る成績を達成しています。
 国家試験に関連した授業科目(講義・演習・実習)を多数開講するとともに国家試験問題解答・解説書を作成し配布して学生が活用しています。さらに6年次後期に国家試験対策講座として総合医療薬学演習を開講し、きめ細かな指導を行なっています。「明薬マイキャスト」では国家試験サポートシステムとして、この演習の文字・音声情報などを提供しています。
 試験対策や個別指導、自学学修システムなど、きめ細かな指導で合格へと導きます。
 第105回薬剤師国家試験(2020年2月22・23日実施)の結果、新卒合格率95.09%(302名中265名合格)は、私立大学薬学部56校中6位の成績です。
国試合格率
明治薬科大学HP 薬剤師国家試験の紹介

取得可能資格

薬学科/6年制
・薬剤師国家試験受験資格
・臨床検査技師国家試験受験資格(臨床検査関連科目の単位を修得した者)
・毒物劇物取扱責任者など
生命創薬科学科/4年制
・臨床検査技師国家試験受験資格(臨床検査関連科目の単位を修得した者)
・毒物劇物取扱責任者など

●入試

入学者選抜(2021年度)
推薦入試

学校推薦型推薦
公募制推薦(専願制)・(併願制)

一般選抜

B方式前期、B方式後期
大学入学共通テスト
A方式(個別試験無)
C方式(個別試験有)

特別選抜

編入学者選抜
社会人・帰国子女入学者選抜試験

「薬系進学・推薦データ」にリンク
「薬系進学・一般入試科目」にリンク

●リメディアル教育など

 入学前に高校での学習が十分でない学生を対象にリメディアル教育を行います。
 生物、基礎物理、数学、化学の4科目のDVDによる受講と課題の添削による学習を行います。受講は任意での申込身ですが、薬学教育が始まる前に弱点の確認をすることは大切でしょう。

入学後のサポート

 高校で生物学、物理学、数学の特定分野を履修していない、あるいは理解が不十分であった学生を対象に、高校の授業内容に即した入門、演習科目を自由選択科目が用意されています。
 入学後のプレイスメントテストで3科目の理解度を確認。入門、演習科目を履修することで薬学の学習に必要な基礎学力の向上につなぎます。

●薬学科と生命創薬科学科の学費

 学費は、大学選びで大きなポイントになる情報です。正確な情報を伝えるため、大学のホームページにリンクします。
明治薬科大学HPにリンク 学費紹介

●大学独自の奨学金や特待生制度

特待生制度

 入試の成績により授業料を免除する制度です。
○入学特待生A
 一般入試B方式前期・推薦入学者特待生選抜試験のうち成績上位者について、薬学科10名、生命創薬科学科3名 の3年間(注)授業料全額[薬学科4,020,000円、生命創薬科学科3,300,000円]を免除します。
○入学特待生B
 上記[1.]に次ぐ成績上位者について、薬学科10名、生命創薬科学科3名の2年間(注)の授業料全額[薬学科2,680,000円、生命創薬科学科 2,200,000円]を免除します。
○入学特待生C
 上記[2.]に次ぐ成績上位者について、薬学科10名、生命創薬科学科3名 の初年度授業料全額[薬学科1,340,000円、生命創薬科学科1,100,000円]を免除します。
※入学特待生AおよびBは、1年ごとに継続可否の審査があります。各学年末の成績が、学科の上位40%以内であることが条件です。

給付制奨学金

○明治薬科大学奨学金(奨学金20万円を年1回支給。各学年18名以内)
○大正製薬特別奨学生規則(対象は、成績優秀者で経済的理由により修学が困難となった者)
○国家公務員総合職合格奨励金(国家公務員総合職採用試験に合格し就職を決めた学生に50万円支給)
○恩田剛堂特別奨学金(学部入学者で両親もしくは祖父母のいずれか1名が明治薬科大学維持員である者が対象。入学年度に10万円を給付)
○次世代を担う研究者育成奨学金(本学奨励金規程に基づき卓越した研究成果の発表の奨励として学会等から賞を受賞した者(演者)に1万円を支給)

卒業生子女学納金減免措置制度

 公募制推薦入試(薬学科専願制、生命創薬科学科併願制)で、両親または祖父母のいずれかが卒業生である者。合格者のうち成績上位3名以内の者の入学金を免除しています。
※なお、 薬学科併願制は、卒業生子女学納金減免措置制度の対象外。

TA(ティーチング・アシスタント)・RA(リサーチ・アシスタント)・SA(スチューデント・アシスタント)制度

○TA制度/大学院博士課程(前期)の学生
 学部学生教育の補助業務に支給(年額172,000円が限度)。
○RA制度/博士課程(後期)の学生
 研究プロジェクトの研究補助業務に対して支給(月額85,000円)。
○SA制度/学部学生
 事前実務実習等の補助業務に対して支給。
明治薬科大学HPにリンク 奨学金等紹介

キャンパス・アクセス

アクセス
 キャンパスの周辺は武蔵野の自然が残る景観に恵まれ、北に柳瀬川、東には空堀川が接し、空堀川の対岸は東京都の保存緑地として遊歩道が設けられています。
 JR武蔵野線「新秋津駅」から徒歩約17分、西武池袋線「秋津駅」下車、徒歩約12分です。
 意外にも通学が便利であることは知られていません。
 JR武蔵野線を利用する場合、乗車時間ではJR大宮駅から約30分、JR中野駅から約25分、JR登戸駅から25分から30分、JR西船橋駅でも64分です。JR横浜駅からでも54分程度です。
 また西武池袋線の利用では、練馬駅から17分から25分、池袋駅から22分から29分、新宿駅から32分から37分です。

オープンキャンパス情報

https://www.my-pharm.ac.jp/shiken/event/index.html

●連絡先

〒204-8588
東京都清瀬市野塩2-522-1
明治薬科大学 学生支援部 入試課
TEL.042-495-5061
明治薬科大学HPにリンク