大学情報

明治薬科大学

新時代を迎えた薬学教育を見据えて実践的なカリキュラムによる教育を展開

薬学科/6年制

 薬学科の教育目標は、医療技術の高度化、医薬分業の進展などに伴う医薬品の適正使用といった社会的要請に応える医療の担い手としての質の高い薬剤師の養成にあります。実践的な薬物治療学やコミュニケーション能力を育成するための充実した臨床実習を通して、様々な医療の現場で活躍し、信頼される薬剤師の養成をめざします。
Point①
豊かな人間性と倫理観を育む教養科目の充実  薬学科では、人文社会学や外国語の科目を数多く配置。専門科目と合わせて学び、現代の医療人に求められる豊かな人間性と倫理観を養います。
Point②
初年次から医療現場で学ぶ、教育プログラム  医療現場を体験するプログラムを1年次から実施します。薬剤師をはじめとした専門職の仕事に早期に触れることにより、6年間の学習のモチベーションを高めます。
Point③
希望進路に合わせて実践力を身につける7コースの独自研修カリキュラム  薬剤師への多彩な人的ニーズに応えられるよう、長期実習を中心とした7コースの独自研修カリキュラム(病院・薬局・治験業務など)を5年次に用意。将来の目標に合わせて高度な専門性を身につけます。
薬学科/6年制

生命創薬科学科/4年制

 生命創薬科学科の教育目標は、生命科学と創薬化学の確かな基礎学力と研究能力を身につけ、問題提起及び解決を図ることのできる人材の育成です。早期から大学院との連携を図った教育カリキュラムにより、生命科学と創薬にかかわる研究者、専門技術者の育成をめざします。
Point①
大学院と一体化したカリキュラム体系  研究者としての高度な技能を修得するため、4年次に大学院の科目を履修できる制度を用意。大学院進学に向けた指導もきめ細かく行っています。
Point②
少人数の行動型授業による きめ細かな指導体制  4つの研究室(生命科学系・創薬化学系)をローテーションする「薬科学総合実習・演習」をはじめ、少人数の行動型授業をカリキュラムに採用。密度の濃い教育で研究能力を着実に身につけます。
Point③
医療、衛生科目も多数開講  医薬品と病気の関係、環境、食の安全などを学ぶ医療、衛生科目を低学年から開講。講義とともに実習も行い、医療・医薬の幅広い職場で通用する力を養います。
生命創薬科学科/4年制

キャンパス/施設

 緑に囲まれた広大な敷地に最先端の実習・研究施設はもちろん、学生が憩うアメニティスペースや図書館など、学生生活を満喫するための施設・設備が充実。すべての校舎に無線LANのアクセスポイントを設置し、学内のどこからでもインターネットを利用できる環境が整っています。  また、モデル薬局や調剤室などの事前実務実習を行うための実習施設「総合教育研究棟フロネシス」が整備されているほか、「附属薬局」も教育・研修施設としての役割を担っています。
キャンパス/施設

「明治薬科大学女子寮せせらぎ」

 同級生や上級生との交流を促進する良質な住環境を提供することにより、一人暮らしを始める学生の不安を軽減するとともに、大学という高度な学びのステージへの早期適応を支援する教育寮として2016年春に開設しました。大学から約3分の立地に、個室とシェアユニット(4個室+共有ラウンジ)の2つの部屋タイプを設けた、60名定員の女子寮です。
「明治薬科大学女子寮せせらぎ」

就職

 1年次から体験学習や実習を通して将来を見据えたキャリアを形成。キャリアガイダンスや企業及び薬局の合同セミナーなどの就職支援プログラムや教職員・卒業生の親身な支援で一人ひとりの夢をしっかりサポートします。
薬学科の進路状況(進路決定率99.6%) 生命創薬科学科の進路状況(進路決定率97.0%)

薬剤師国家試験

 薬剤師国家試験合格のためのサポートも万全。試験対策や個別指導、自学学修システムなど、きめ細かな指導で合格へと導きます。  薬学科第6期生が受験した第103回薬剤師国家試験(2018年2月24・25日実施)では、新卒受験者275名中253名合格、合格率92.0%(私立大学薬学部56校中13位)を達成しています。
薬剤師国家試験合格率