病院薬剤師の仕事

●病院薬剤師

 病院薬剤師の業務は大きく分けて「センター業務」と「病棟業務」に分かれます。
病院薬剤師

●センター業務

 病院の薬剤部や薬局での調剤・監査などの仕事です。
○院内調剤(病院)
 入院調剤、薬剤管理指導業務、持参薬鑑定などを行います。院内では、処方を自動化するオーダリングシステムを導入する医療機関が増加していますが、基本は薬剤師による調剤です。処方監査も含めて、薬剤師の技能が求められます。
○外来調剤
 外来患者に対する院内処方の調剤を行います。お薬を調製し、服薬指導やお薬の相談を受けます。医薬分業が進み外来調剤は減少の方向にあります。
○注射剤調剤 オーダリングシステム
 注射剤を患者さん個人別に用意して病棟に搬送します。最近の大規模病院では機械化が進み、アンプルピッカーと呼ばれる機械は、午前中に集中する注射剤のセットに威力を発揮しています。
○注射剤無菌調剤
 抗がん剤を無菌室内で無菌的に混注。患者さんごとに処方内容が異なるため、オーダリングにしたがって調剤します。とくに抗がん剤は、患者ごとに投与履歴をチェックするなど安全管理が欠かせません。

●病棟業務

 病院薬剤師は入院患者への対応、医師への支援、救急救命、薬剤管理に参画できるようになりました。
 とくに平成22年4月22日に出された「厚生労働省医政局長」の文書が状況を大きく変えました。病棟業務が診療報酬でも認められ、薬剤師が病棟に出て行く機会が増えています。いわゆるチーム医療の一員として活躍ぶりが高く評価され、欠かせないコ・メディカルスタッフになりました。

●その他

 ○薬剤師外来
 診察前問診・面談でお薬の副作用や相互作用を発見して薬害を防止するなど有効に機能しています。

○外来化学療法
 通院治療するがんの患者さんには、抗がん剤のレジメンに基づいて処方監査・調製・服薬指導を行います。

○救急救命センター(ICU)調剤
 救急病棟での調剤を担当します。

○治験管理業務
 治験事務手続き、治験審査委員会運営、同意書の管理のほか治験薬の管理、被験者に対する服薬指導も行います。

○医薬品管理業務
 病院で使う医薬品の購入と供給、在庫管理、品質管理などを担当します。

○試験・解析業務
 医薬品には、同じ量を投与しても体質などにより効果や副作用に差があります。治療的薬物モニタリング(TDM)は、事前実習でも力を入れて学んだ項目です。

○医薬品情報業務(DI)
 医薬品情報室(DI室)は、情報収集に努め、医師や看護師、薬剤師の医薬品に関する問合せに対応する重要な業務を担います。
 院内で使用する医薬品のデータブックを作成するのも仕事です。

○医薬品をきめる仕事
 病院で使用する医薬品について、薬の専門家の立場から医薬品の選定に参加します。

●専門薬剤師・認定薬剤師など

 さらに専門分野を学んで上級の資格試験に合格。専門性を活かした業務を行う薬剤師もいます。
●日本病院薬剤師会
○がん專門薬剤師
○がん薬物療法認定薬剤師
○感染制御專門薬剤師
○感染制御認定薬剤師
○精神科專門薬剤師
○精神科薬物療法認定薬剤師
○妊婦・授乳專門薬剤師
○妊婦・授乳薬物療法認定薬剤師
○NST(栄養サポートチーム)
○HIV感染症專門薬剤師
○HIV感染症薬物療法認定薬剤師
●一般社団法人 日本医療薬学会
○がん專門薬剤師
○がん指導薬剤師
●日本糖尿病学会
○糖尿病療養指導士
●日本くすりと糖尿病学会
○糖尿病薬物療法准認定薬剤師
○糖尿病薬物療法認定薬剤師
●日本緩和医療薬学会
○緩和薬物療法認定薬剤師