奨学金、教育ローン

 政府が示した「ニッポン一億総活躍プラン」で文部省内に奨学金プロジェクトチームを設置。それにより財団法人・日本学生支援機構に給付型奨学金が誕生しました。

○日本学生支援機構の給付型奨学金

 この奨学金は、経済的に困難な低所得の生徒に対し、大学等への進学を後押しすることが目的。対象者は、住民税非課税世帯や社会的養護を必要とする人です。
  ○奨学金・教育ローンは国や公的資金を軸に考える
奨学金は「学生本人が返済」
教育ローンは「保護者が返済」
 「合格」すれば次に気になるのが学費です。
 初年度納入金など、まとまった金額が必要です。その後の学費や生活費などの計画をたてる必要があります。
 学費の用意は、国の奨学金や教育ローンなど公的な融資を軸に考えたいところ。金利が低く返済期間が長いのがメリットです。
 公的融資の条件を満さないとき、資金が不足するときに民間の教育ローンの利用も考えるることになります。

○独立行政法人 日本学生支援機構

 貸与型奨学金は、学生本人が契約者ですから卒業後に返済します。日本学生支援機構の第一種奨学金は無利子。入学時特別増額貸与奨学金を利用しても最大で50万円が限度です。
 住民サービスとして奨学金制度がある自治体もありますから、居住する県や市のホームページを調べてみましょう。日本学生支援機構のホームページにも案内があります。

○教育ローン

 入学前にまとまったお金(初年度納入金など)が必要という時、保護者が借入れます。基本的には融資の翌月から返済が始まり、在学期間中は利子だけを返済できる金融機関もあります。

○大学独自の奨学金

 大学の奨学金には、返済義務のない給付型奨学金と貸与型奨学金があります。
 給付型奨学金は、学年ごとに限られた学生に給付するケースが多く、金額は数十万円程度です。成績上位者を特待生にしたり、学業成績優秀者の授業料を免除とする制度があります。このほうが金額としては大きくなります。

○国の教育ローン

 日本政策金融公庫の「国の教育ローン(教育一般貸付)」です。条件を満たせば誰でも融資が受けられます。

○日本政策金融公庫

 「国の教育ローン(教育一般貸付)」は、学生1人につき融資限度額300万円と高く、返済期間も最長15年(交通遺児家庭または母子家庭の方は18年以内)。独立行政法人日本学生支援機構の奨学金と重複して利用が可能など使いやすさが特徴です。